ホーム > 記念事業・イベント > 東邦大学医療センター大橋病院 新病院開院

東邦大学医療センター大橋病院 新病院開院

                                                            目黒川から見た新大橋病院
新病院開院 -「患者さん第一」を考えた病院へ-
 平成30年6月20日(水)本法人創立90周年記念事業の集大成となる新大橋病院が開院いたしました。
新病院の敷地面積は旧病院の約2.2倍(16,071㎡)となる一方、「患者さん第一」をメインコンセプトに、ゆとりのある療養環境を提供するため、病床は319床と、旧病院と比べ(新病院計画前)114床減少し、1病床当たりの面積は50㎡から85㎡へと大幅に拡大しました。病室のアメニティーも充実し、要望の高かった個室も増室しました。また、病床の縮小化は、国が現在進める地域医療構想の進展を見据えたものでもあり、地域の医療機関からご紹介いただいた患者さんの診断治療を直ちに行い、再び地域の医療機関へ逆紹介することを徹底した高機能・高稼働を重視する病院を目指します。
 「水と緑に囲まれた病院」をコンセプトに、敷地内には目黒川緑道や桜並木と調和した多くの樹木を配置し、春には満開の桜を外来待合室からもご覧いただけます。また、敷地南北で約11mの高低差のある環境を利用して、カスケードを造成し、更に、正面ロータリー側には目黒区提供公園、目黒川沿いには世田谷区提供公園を設け、患者さんだけでなく、地域の方々の憩いの場としてもご利用いただけます。都心では例のないオアシスとも言うべき、「都市型モデル」となる病院を目指します。患者さんの利便性や救急車両の通行等にも配慮した造りとしています。1階部分は目黒川に歩行者用の橋を新設し、池尻大橋駅側へのアクセスが容易となっています。2階部分は患者さま等の一般車両用の広いロータリーを設けました。また、救急車両は正面ロータリーとは別の専用ゲートを救急外来のある3階部分に設けることで、更に迅速な救急対応が可能となりました。
 建物概要は、地上7階建、延べ床面積30,842㎡(病院建物は27,265㎡〔病院棟+エネルギーセンター棟〕)、最新の免震構造を備えています。1階は主に診断治療部門および管理供給部門を配置し、放射線治療は最新の機器を新たに設置しました。正面玄関口となる2階は外来診療部門、採血室、画像診断(CT・MRI・血管撮影)および生理機能検査等の中央検査部門を配置しています。再診の患者さんは各外来前に設置された診察受付機での受付となり、従来の総合受付の混雑や待ち時間も解消されます。3階は救急外来、ICU、HCUおよび手術部を配置しています。手術室は9室で、内1室は最新のCアーム(外科用X線撮影装置)に手術台を組み合わせしたハイブリッド手術室を完備する等、大学病院に相応しいハイレベルな医療を提供いたします。4階は病棟および管理部門、5階から7階は病棟を配置しています。
 5階以上は各階2つの病棟を配置し、7階の1つは特室病棟となっています。特室病棟はご希望される患者さんにご満足いただけるよう、最上階からの素晴らしい景観、ゆとりある空間、充実の付属設備およびコンシェルジュの配置等、特別な療養空間をご用意しています。また、各病棟とも、十分なセキュリティーが確保されています。
                    高低差を利用したカスケード
目黒区提供公園
目黒川に新設した歩行者用の橋
春には目黒川の桜が楽しめるレストラン・カフェ
各外来前に設置された診察受付機
中待合
総合受付
ハイブリッド手術室
放射線治療システム(バリアン社)
高性能血管撮影システム(キャノンメディカルシステムズ社)
特室病棟(特別室1)①
特室病棟(特別室1)②
                            特室病棟(特別室1)③
一般病室
ICU
竣工式・内覧会が行われました
  6月9日(土)は、9時15分から学内関係者および設計・施工者にて、神事とテープカットが行われました。その後、国会議員、行政、医師会および日本私立医科大学協会(大学関係)等から多くのご来賓をお招きし、10時30分から内覧会、12時00分から竣工式が行われました。竣工式では、はじめに本法人を代表して炭山理事長が挨拶を行い、引き続き、炭山理事長より、国会会期中のご多忙なスケジュールの中でご出席いただいた11名の国会議員のご紹介を行いました。

≪ご出席いただいた国会議員の方々≫
◇公明党     参議院議員(公明党代表) 山口 那津男 様
◇自由民主党 衆議院議員(東京オリンピック・パラリンピック
                   競技大会組織委員会 会長代行)遠藤 利明 様
◇自由民主党 衆議院議員(前文部科学大臣) 松野 博一 様
◇立憲民主党 衆議院議員(衆議院内閣委員会 理事) 阿部 知子 様
◇自由民主党 衆議院議員(東京都医師会 理事) 安藤 高夫 様
◇自由民主党 衆議院議員(自民党競争政策調査会 会長) 原田 義昭 様(代理)
◇自由民主党 参議院議員(元厚生労働副大臣) 武見 敬三 様
◇日本共産党 参議院議員(日本共産党 書記局長) 小池  晃 様
◇自由民主党 参議院議員(自由民主党 副幹事長) 羽生田 俊 様
◇自由民主党 参議院議員(元内閣府特命担当大臣(少子化・男女共同参画))
                   猪口 邦子 様
◇自由民主党 参議院議員(元厚生労働副大臣) 木村 義雄 様(代理)

  国会議員を代表して、ご子息が駒場東邦中高卒業で、本法人創立90周年記念祝賀会でご祝辞を頂戴した、公明党代表の山口那津男様より、今回も丁重なるご祝辞を頂戴いたしました。その後、司会より、行政、医師会および大学関係の各代表者様のご紹介があり、来賓祝辞として、日頃より大橋病院がお世話になっている、目黒区長の青木英二様、世田谷区長の保坂展人様より、大変有り難いご祝辞を頂戴いたしました。祝電披露では、頂戴した多くの祝電の中から、世界医師会および日本医師会会長の横倉義武様の祝電をご披露させていただきました。その後、日本医学会会長の門田守人様のご発声により乾杯の杯を上げ、歓談に移りました。

                            炭山理事長挨拶
公明党代表 山口参議院議員よりご祝辞を頂戴しました
ご祝辞:目黒区長 青木様
ご祝辞:世田谷区長 保坂様
乾杯:日本医学会会長 門田様
  歓談を経て、炭山理事長より、新病院の設計・施工者である、㈱佐藤総合計画、東急建設㈱、㈱きんでん、ダイダン㈱および㈱朝日工業社に対し、事故もなく無事に工事が完了したことの御礼と感謝状の贈呈が行われました。祝賀会の最後は、長谷病院長の挨拶で締め括られ、竣工式は滞りなく終了しました。
感謝状贈呈
閉会の辞:長谷病院長
  6月9日(土)の午後と10日(日)に行われた内覧会も多数のご来場をいただきました。10日の内覧会とあわせて行われた特別公開講座では、予定会場が満席となり、サテライト会場を用意するほどの大盛況でありました。以上、開院のご報告となりますが、東邦大学医療センター大橋病院は、高度急性期病院、そして地域の基幹病院として、高度な医療を提供し、地域の皆様に信頼される病院となるべく、今後も努めて参ります。
                                            満席となった公開講座会場
尾崎教授(心臓血管外科)による講演
原准教授(循環器内科)による講演
                                                    ライトアップされた正面ロータリー