• トップページ  >  
  • 肺MAC症患者における血清バイオマーカーの同定

肺MAC症患者における血清バイオマーカーの同定

肺MAC症患者における血清バイオマーカーの同定

東邦大学医学部 微生物・感染症学講座では、研究に協力してくださるボランティアを募集しています。

研究の背景および目的

肺MAC症(マイコバクテリウム・アビウム・コンプレックスという名前の菌が原因で起こる肺の感染症)という病気は、中高年の女性におこりやすく、近年日本では患者さんの数が増えてきています。しかしながら、肺MAC症では、治療効果や病気の進行状態の指標となるバイオマーカーがまだ見つかっていません。
そこで、東邦大学医学部 微生物・感染症学講座では、東邦大学医療センター大森病院呼吸器内科・非結核性抗酸菌症専門外来で肺MAC症と診断された患者さんの、バイオマーカーとなり得る血液中の物質について調べることを目的として本研究を計画しました。
この研究で得られる成果は、患者さんの病気の状態をより詳しく把握することができ、よりひとりひとりに合った治療の提供につながります。
皆様のご協力をお願いいたします。

研究方法

この研究は、東邦大学医学部倫理委員会の承認を得て実施するものです。
少量の血液(9cc)を採取します。
所要時間は、約15分を予定しています。

募集対象および人数

健康な20歳以上の成人で、本研究への研究協力に同意して頂ける方
約15名

謝礼

本研究に参加いただける方には薄謝としてQUOカード1,000円分をお渡しいたします。

実施場所

東邦大学医療センター大森病院呼吸器内科
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1


連絡先および担当者

ご応募いただいた方には個別に面接を行い、試験項目や実施期間などについて詳しくご説明いたします。本研究にご協力くださる方やご質問のある方は、下記連絡先までご連絡ください。

東邦大学医学部微生物・感染症学講座
職位・氏名 助教・梶原 千晶
電話 03-3762-4151 内線 2396