医学部

メニュー

多血小板血漿(PRP)による抗微生物効果の検討

東邦大学医学部眼科学講座では、研究に協力してくださるボランティアを募集しています。

研究の背景および目的

多血小板血漿(以下PRP)は創傷治癒に有効であることが、他領域では様々な研究成果から知られています。また抗微生物効果を有することが報告されていますが、報告は少ない状況です。
そこで、東邦大学医学部眼科学講座では、健常者から得られた30mLの血液を用いてその血球成分を測定し、更にそこからPRPを作成して成長因子を測定する事や角膜感染症・角膜上皮障害モデルの基礎実験を通して、最終的には人間の角膜感染症や角膜上皮障害に対しての有効性を検討することを目的として本研究を計画しました。
この研究で得られる成果は、眼科における角膜感染症・角膜上皮障害に対する新しい治療法の提案につながります。
皆様のご協力をお願いいたします。

研究方法

この研究は、東邦大学医学部倫理委員会の承認を得て実施するものです。
左右どちらかの腕から30mLの採血を行います。
所要時間は、約10分を予定しています。

募集対象および人数

健康な20歳以上の成人で、本研究への研究協力に同意して頂ける方
全身疾患など既往疾患が無い方
約20名

実施場所

東邦大学医療センター大森病院眼科
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1

連絡先および担当者

ご応募いただいた方には個別に面接を行い、試験項目や実施期間などについて詳しくご説明いたします。
本研究にご協力くださる方やご質問のある方は、下記連絡先までご連絡ください。

東邦大学医学部眼科学講座
職位・氏名 教授 堀裕一
電話 03-3762-4151 内線 6710
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151