医学部

メニュー

新規採用予定採血管と現行使用採血管の相関性の検討

現在、当院の臨床化学用採血管は2000年1月から、ヘパリンLiを抗凝固剤とするvenoject II(テルモ株式会社)を使用しています。これまで、シール栓部分に血液が付着し飛散することや、抗凝固剤がコーティングしてあるフィルムが浮いて装置のトラブルの原因になっていることが問題になっています。今回、採血管壁にヘパリンLiがコーティングされていて、オーバーキャップ栓(積水メディカル株式会社)の採血菅(2mL)が試供品として提供可能となったので、院内導入を目的として基礎検討を行います。そのため、倫理委員会承認後より2019年6月まで20歳以上のボランティアの方を募集し、採血および検体の検討への利用をお願いさせて頂きます。なお、採血は1回来院、12mLで実施させていただきます。

今回の検討で、健常ボランティアの方々から頂く検体および情報には検討用の番号が付けられ、検討者にも健常ボランティアの方のお名前が分からない状態で検討は行われます。また、今回の検討で得られた結果に関しては個人を特定できるような情報が外部に漏れることは一切ございません。

この件に関しましてご質問などがございましたら以下にお尋ねください。
東邦大学医療センター 大森病院 臨床検査部
検討責任者 奥田 優子
統括責任者 盛田 俊介
連絡先:検討相談窓口
03-6765-6557
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151