医学部

メニュー

大学での漢方医学教育におけるeラーニングを用いた反転授業の検証(M4 東洋医学)

研究の背景および目的

現在、東洋医学は医学部教育において必修化されていますが、内容、評価法とも統一性がなく、習熟度の評価も十分とは言えません。そのために全国の医学部の東洋医学講義担当者間による話し合いの場がもたれ、講義内容については一定のガイドラインが出来つつあります。また、試験問題についても、適切な理解度の評価し、適切な評価への仕組み作りが進行中です。将来的に国家試験問題に採用されることも念頭におきつつ、本学においても学生の理解度を高めること、その結果を講義内容へフィードバックしていくことは医学教育上必要なことと考えています。 e ラーニングでは事前、事後アンケート、web testを行います。
 web上では、番号で管理される、本人が誰か特定出来ない、匿名化を行うために個人の成績が特定されることは一切ありません。事前学習の確認として用い、履修の評価には使用しません。
また、この研究で得られる成果は、医学部生に本来必要とされる東洋医学の基礎知識の適正な評価につながります。何卒ご協力の程、宜しくお願い致します。

研究対象および方法

この研究は、東邦大学医学部倫理委員会の承認を得て実施するものです。
2020年度までの東邦大学医学部学生を対象とします。

今回の研究で得られた成果を、医学的な専門学会や専門雑誌等で報告することがありますが、個人を特定できるような情報が外部に漏れることは一切ありません。

本研究に関してご質問のある方は、下記までご連絡下さい。

連絡先および担当者

東邦大学医学部医学教育センター
職位・氏名 教授・廣井 直樹
電話 03-3762-4151 内線 2715
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151