医学部

メニュー

皮膚科学講座(大橋)

所属教員名

福田 英嗣 / 准教授
新山 史朗 / 准教授
髙橋 美咲 / 助 教
渡邊 恒輔 / 助 教

運営責任者

講座の概要

1964年大橋病院の開院より3年間は皮膚泌尿器科として診療を行い、1967年に分離独立し皮膚科単独の外来となりました。当初は大森の皮膚科学教室に所属し、1978年に斉藤文雄教授就任、安田利顕元教授の診療顧問就任、1981年に皮膚科学研究室として独立し、皮膚アレルギー学の研究を中心に当科の基礎を作られました。1985年西脇宗一教授が就任し、膠原病、感染症、薬疹、全身疾患と皮膚との関連など幅広い分野での研究を行い、1990年齊藤隆三教授が就任後、これまでの研究を引き継ぎ、さらに脈管学、心身医学を加え、漆畑 修助教授を中心にウイルス学、美容皮膚科学の領域の研究を行いました。1991年には皮膚科学第二講座となり、2007年より向井秀樹教授が就任し、皮膚アレルギー学、特にアトピー性皮膚炎の研究を行い、現在は福田英嗣准教授、新山史朗准教授が引き継ぎ診療、研究を行っています。

研究の概要

1.重症アトピー性皮膚炎と副腎皮質機能との関連
アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis: AD)患者における内分泌系の機能に関しては、治療で使用したステロイド外用薬や内服薬による副腎皮質機能の抑制が指摘されています。当科では重症度の高いAD患者は積極的に入院療法を行っており、短期間に比較的多くの量のステロイド外用薬を使用しています。一般的に多くの量のステロイド外用薬を使用すると、ネガティブフィードバック作用により副腎皮質機能の抑制が起こるとされていますが、我々の臨床研究では重症度の高いAD患者では入院時に多くの患者で血中コルチゾール値が低下し、副腎皮質機能の抑制が生じており、ステロイド外用薬を中心にした治療で、副腎皮質機能が正常に回復することを確認しております。この明確な機序は現時点では不明ですが、慢性的な強いストレス負荷などが副腎皮質機能の抑制に関与していると考えており、現在も臨床研究を行っております。また、ADの新たな血中病勢マーカーとしての有用性も検討しております。当研究内容は、2010年の第26回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会において,「アトピー性皮膚炎における入院療法の有用性-ステロイド外用量と血中コルチゾール値推移の検討-」という演題で,金賞を受賞しております。

2.毛包間葉系組織における毛成長関連因子発現の部位間比較に関する研究
ヒトの毛髪の成長は、皮下の毛包組織の最下部にある毛乳頭によって制御されていることが知られていますが、最近の研究により、毛包下部の毛球部を取り囲む毛球部毛根鞘組織が毛乳頭細胞に代わり毛包誘導能を示すなど、毛乳頭以外の間葉系組織が毛成長に深く係わっている可能性も示唆されてきています。当科では、毛根鞘組織の各パーツにおける毛成長関連遺伝子の発現状態をマイクロアレイなどの手法を用いて調べ、毛成長における毛球部毛根鞘細胞の役割について検討しています。

代表論文

  1. Fukuda H, Saotome A, Usami N, Urusibata O, Mukai H:Lymphocutaneous type of nocardiosis caused by Nocardia brasiliensis: A case report and review of primary cutaneous nocardiosis caused by N. brasiliensis reported in Japan. J Dermatol 35: 346-353, 2008
  2. 福田英嗣,鈴木琢,佐藤八千代,猿谷佳奈子,向井秀樹:重症アトピー性皮膚炎における入院療法の有用性-血中コルチゾール値推移の検討-.日皮会誌 120:2195-2201,2010
  3. 向井秀樹,福田英嗣,鈴木琢,早乙女敦子,早出恵里:アトピー性皮膚炎の入院療法の有用性-アンケート調査による皮膚および精神症状の改善度の検討-.皮膚の科学 11:43-47,2012
  4. Fukuda H,Suzuki T,Saotome A,Sode E,Mukai H:Efficacy of inpatient treatment for atopic dermatitis evaluated by changes in serum cortisol levels. J Dermatol 40:43-47, 2013
  5. 福田英嗣, 鈴木琢, 早乙女敦子, 早出恵里, 向井秀樹:成人アトピー性皮膚炎の入院療法における病勢マーカーの検討.日皮会誌 123:133-141,2013
  6. Takahashi M, Fukuda H, Yokouchi Y, Hashida Y, Daibata M, Mukai H: Concurrent Merkel cell carcinoma and squamous cell carcinoma in a chest nodule. Eur J Dermatol. 25: 492-494, 2015
  7. Niiyama S, Yoshino T, Matsukuma S, Mukai H: Heat shock protein 27 kDa content in stratum corneum correlates with severity of atopic dermatitis. Acta Derm Venereol 2016 Apr 12 doi: 10.2340/00015555-2436
  8. Watanabe K, Yoshino T, Takahashi M, Kondo S, Takahashi M, Matsukuma S, Mukai H, Fukuda H:Clinical significance of neutrophil gelatinase-associated lipocalin and galectin-7 in tape-stripped stratum corneum of acne vulgaris. J Dermatol. 2018 Feb 22. doi: 10.1111/1346-8138.14261.
  9. Nagasawa T, Hirata A, Niiyama S, Enomoto Y, Fukuda H:Successful treatment of porocarcinoma with maxacalcitol and imiquimod. Dermatol Ther. 2019 Jan 18:e12830. doi: 10.1111/dth.12830.
  10. Fukuda H, Takahashi M: S-Carboxymethyl-L-cysteine-induced Fixed Drug Eruption. Acta Derm Venereol. 2019 Apr 2. doi: 10.2340/00015555-3193.

教育の概要

学部

講義:
臨床医学4(骨・運動・感覚器) 皮膚科学(3年次 2コマ)
1.紅皮症、紅斑症、蕁麻疹・痒疹
2.薬疹、物理化学的皮膚障害、光線過敏症
臨床実習:
皮膚科学(5年次、6年次)

診療の概要

当科では、主にアトピー性皮膚炎や薬疹を中心としたアレルギー性皮膚疾患や脱毛症、皮膚腫瘍、ウイルス性疾患の診療を行っております。近年では、生物学的製剤の登場により、難治性乾癬治療にも力を入れております。その他、水疱症、細菌感染症など多岐にわたった診療を行っております。難治性の疾患や重症例では、積極的に入院加療も行っております。また、皮膚腫瘍ではダーモスコピーを用いた診断や皮膚生検・手術(年間400~500件)を積極的に行い、診断を確定し的確な治療を行っております。他科と連携が必要な疾患は、他科と緊密に連携をとり診療にあたっております。 専門外来は、水曜日午後(第3以外)の美容外来のヘルペス外来を行っております。当科で積極的に行っているADや薬疹、脱毛症に関しては通常外来の中で診療を行っております。爪外来は2019年4月より通常外来にて行っております。
(通常外来)
午前
初診福田新山向井福田新山1週 高橋
2週 福田
4週 新山
5週 交代制
再診高橋
原田
荒尾
橋本
福田
高橋
新山
橋本
原田
荒尾
交代制
午後
初診福田橋本高橋荒尾原田
当科は日曜日と祝祭日、第三土曜日を除く毎日、外来を開設し診療を行っております。 (専門外来)

(専門外来)

その他

社会貢献

・薬剤師Mobile Seminar(薬剤師生涯研修センター)(2015年、2016年)
・JADMEコスメティックセミナー(2013年10月)
・各医師会・皮膚科医会主催学術講演会での講演
目黒区皮膚科医会学術講演会(2011年3月、2013年11月、2016年2月、2018年9月、
2019年7月)
目黒区医師会皮膚科部会学術講演会(2015年1月)
玉川医師会皮膚科医会講演会(2016年6月)
目黒区皮膚科医会・薬剤師会合同講演会(2017年11月)
大田区臨床薬学セミナー(2018年6月)
目黒区皮膚科地域連携の会(2018年8月)
徳島臨床皮膚科医会研修会(2019年1月)
玉川皮膚科医会学術講演会(2019年5月)
第118回日本皮膚科学会総会(2019年6月)
・市民公開講座(2014年3月、2015年4月、2017年10月)
・第44回円形脱毛症を考える会(2015年7月)
・東邦大学薬学部生涯学習講座平成29年度上期プログラム(2017年6月)
・東邦大学薬学部生涯学習講座平成31年度上期プログラム(2019年6月)

学会活動

当科主催学会
2008年2月:アトピー性皮膚炎治療研究会第13回シンポジウム
2013年5月:第848回日本皮膚科学会東京地方会
2014年1月:第4回日本皮膚科心身医学会
2014年7月:第38回日本小児皮膚科学会
2014年12月:第858回日本皮膚科学会東京地方会
2016年9月:第868回日本皮膚科学会東京地方会
2018年1月:第877回東京地方会
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151