医学部

メニュー

内科学講座循環器内科学分野(大森)

所属教員名

池田 隆徳 / 教 授
久武 真二 / 講 師
天野 英夫 / 講 師
藤野 紀之 / 講 師
中西 理子 / 講 師
木内 俊介 / 講 師
戸田 幹人 / 院内講師(出張中)
冠木 敬之 / 院内講師
原  文彦 / 助 教(出向中)
湯澤ひとみ / 助 教(出張中)
藤井悠一郎 / 助 教(出張中)
大久保 亮 / 助 教
木下 利雄 / 助 教
小泉 雅之 / 助 教(出張中)
矢部 敬之 / 助 教(出向中)
渡邉 一平 / 助 教(留学中)
小原  浩 / 助 教(出張中)
小池 秀樹 / 助 教
酒井 浩多 / 助 教(出向中)
篠原 正哉 / 助 教
橋本 英伸 / 助 教
秋津 克哉 / 助 教
細野 啓介 / 助 教
他、シニアレジデント・レジデント17名、准修練医4(大学院を含む)

運営責任者

講座の概要

東邦大学の循環器内科は、東邦大学医療センター大森病院、大橋病院、佐倉病院でそれぞれに設置されており、とりわけ特定機能病院である大森病院においては長い歴史をもちます。戦後に設置されたナンバー内科講座の下で診療・研究・教育を行っていましたが、2003年に東邦大学医学部において講座再編が行われ、ナンバー内科講座が廃止されました。それにともなって、領域別に講座が設置されました。東邦大学医療センター大森病院には、旧第一内科循環器班、旧第二内科循環器班、旧循環器診断センターが循環器診療を個々に展開しておりましたが、講座の再編によって3つの診療部門が統合し、内科学講座循環器内科学分野(大森)が誕生しました。旧第一内科では核医学などの循環器画像診断、旧第二内科では脳循環と循環器救急、循環器診断センターでは冠動脈カテーテル治療を得意としていました。統合後は、虚血性心疾患、不整脈、心不全、高血圧、弁膜症、心筋症、心膜心内膜疾患、動脈疾患、静脈血栓症、肺高血圧症、先天性心疾患などすべての循環器疾患を網羅する循環器内科として展開しております。2012年からは池田隆徳が主任教授として講座を主宰し、現在に至っております。東邦大学医療センター大森病院では、診療科としての循環器センター内科に加えて、中央診療部門として心血管インターベンション部と不整脈センターを併設しており、これらの領域に特化した最先端の医療も提供しています。

研究の概要

各研究班(心血管インターベンション班、不整脈・心電図班、心不全・高血圧班、心エコー・生理機能班、循環器イメージング班、循環器救急班)に分かれて、実臨床に関連した内容で研究を行っています。すべての研究が病院の倫理委員会での許可の下で実施しています。国際・国内の主要な学会に数多くの演題が採択されており、多くの英語原著論文を公表し、循環器診療の進歩に貢献しています。

心血管インターベンション班
患者様の脆弱性 (Frailty)、栄養状態、炎症状態、腎機能障害などと、冠動脈疾患治療成績・遠隔期成績との関係を調べ、治療成績の向上を図っております。最新の冠動脈イメージング機器である光干渉断層法(OCT)、冠動脈CTなどを使い、その治療効果と予後評価を行っています。末梢循環障害に対してカテーテル形成術を最近では積極的に行っており、その治療効果についても評価しています。また、虚血性心疾患の治療薬として新しい抗血栓薬が発売されていますが、その効果についても評価しています。

  • 冠動脈分岐部病変に対する第1世代と第2世代の薬剤溶出性ステントによる治療成績の比較
  • OCTと他のモダリティを使用したプラーク評価の比較
  • 薬剤溶出性バルーンの有効性と至適患者の検索
  • 末梢動脈疾患におけるカテーテル治療の適応と予後に関する検討
  • 冠動脈疾患における新規抗血小板薬の有効性の検討
  • 心房細動合併冠動脈疾患における至適抗血栓療法の開発

不整脈・心電図班
不整脈の検出および薬物やカテーテルアブレーションなどによる治療効果の判定等の研究を行っています。特に心房細動の研究に力を入れていますが、左心耳閉鎖術における検討など新規治療も導入しています。また、デバイスによる不整脈の検出や心臓突然死を予防に対する検討も行っています。

  • 高血圧患者の特発性心室期外収縮における経皮吸収型ビソプロロールパッチと経口ビソプロロールフマル酸塩との治療効果の比較
  • 低左心機能患者に併発した非弁膜症性心房細動の心拍数コントロールにおけるランジオロール塩酸塩の有効性と安全性の検討
  • 上大動脈心筋スリーブの解剖学的偏在および電気生理学的特徴に関する検討
  • 左心耳閉鎖術による心房細動患者の脳梗塞予防 
  • 非弁膜症性心房細動を有する後期高齢患者を対象とした前向き観察研究(ANAFIE)
  • 高度腎機能障害を伴う心房細動患者に対する直接抗凝固薬の有効性と安全性の評価
  • L波におけるカテーテルアブレーション治療後の心房細動再発予測の有用性
  • Reveal LINQレジストリ研究
  • カテーテルアブレーション全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)
  • カテーテルアブレーションを施術した非弁膜症性心房細動症例の抗凝固療法の実態とその予後に関する観察研究(RYOUMA)
  • 日本における心不全適応および心臓突然死予防試験(HINODE)

心不全・高血圧班
心不全班では、左心不全および右心不全、両方の研究を行っています。左心不全では収縮能の維持された心不全(HFpEF)に注目が集まっており、当科でも研究を進めています。HFpEFに対する有効な治療法がないのが現状ですが、高血圧はその病態形成に重要な役割を果たしています。高血圧研究では本態性高血圧に対する研究に加えて、こうした面からも研究を行っています。右心不全では肺高血圧に着目し、その評価及び治療法を検討しています。肺高血圧の原因の一つである静脈血栓塞栓症についても検討を行っています。

  • 高血圧症における各種治療薬の治療効果と予後評価
  • 慢性心不全症における薬物療法と起立性低血圧の関連性
  • うっ血性心不全に対する新規治療薬の効果判定
  • 利尿薬の使用方法と心不全入院期間の関係性
  • 血管弾性から見た心不全の病態解明と再入院軽減に向けた新たな治療法の開発
  • Clinical Scenario分類における血管機能評価と予後との関係
  • 各種モダリティを用いた肺高血圧症の薬物・カテーテル治療効果判定
  • 担癌患者における深部静脈血栓症治療薬の必要性と有効性の検討

心エコー・生理機能班
心不全に対する治療として、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)、経皮的僧帽弁形成術(Mitra Clip)が新規デバイス治療として注目を集めています。こうしたカテーテルを用いた弁膜症に対する治療介入では、自己弁の評価と、治療の適応を見極めることが重要であす。その検査の中心は心臓超音波検査です。また、深部静脈血栓症の評価にも下肢血管超音波検査が有用であり、こちらに対する研究も行っています。

  • 下肢血管超音波検査を用いた深部静脈血栓症の定量評価の開発
  • TAVI有効性の有無に関する弁形態評価の検討
  • 心臓形態からみたMitra Clipが有効性の評価
  • 癌合併の下腿限局型深部静脈血栓症に対する最適な抗凝固療法の投与期間を検証する

循環器イメージング班
循環器イメージング班は、虚血性心疾患、心不全、心筋症、肺動脈疾患、静脈血栓症など多岐にわたる循環器疾患に対し、心臓CT、心臓MRI、核医学検査といった非侵襲的マルチモダリティを用い、重症度判定、予後予測並びに治療方針決定を行う研究を行っています。観察研究だけでなく、科学研究費助成研究や多施設研究も行い、当研究室から数多くのエビデンスを構築する事を目標とし、論文発表を行っています。最終的には研究結果を予防医学に応用し、医療現場に広く貢献出来るよう、臨床研究を遂行中です。

  • 安定狭心症患者における心臓CTを用いた非侵襲的動脈硬化診断・治療戦略(標準的侵襲的画像診断検査の比較)(INVICTUS)
  • DYNAMIC-FFRCT study- FFRCT導入後の日本での診療実態についての研究(多施設研究)
  • 胸部単純CT検査における心疾患リスク評価の有効性について
  • 部分的なプラークの不安定性ではなく、OCTで測定した石灰化のサイズが非造影冠動脈CTで測定した石灰化の濃度と有意に関連する
  • 18FDG-PET炎症イメージングによる下肢動脈閉塞性硬化症重症度評価
  • 慢性肺血栓塞栓症患者における低侵襲性画像評価による治療評価による治療評価判定法の可能性
  • 心房細動患者における脳血流SPECTと予後との関連
  • 僧帽弁閉鎖不全症における心筋血流シンチグラフィーによる予後予測能
  • 肺癌が疑われた患者の18FDG-PETを用いた血管炎症の評価


循環器救急班
東邦大学は羽田空港内に国内線、国際線ともにクリニックを有しています。東邦大学医療センター大森病院では城南地区の重症患者様に加えて、空港からの重症患者様の受け入れも行っています。こうした特性を背景に、研究も行っています。

  • 循環器救急:東京国際(羽田)空港での救急患者の実態と疫学調査

その他
循環器内科では他診療科との共同研究も進めています。過去には大学院生が共同研究を通じて学位記を取得しています。

  • 臨床検査医学との共同研究:尿毒症物質による心血管病態発症機序・飲料用水素水による心血管疾患へ与える影響と治療効果判定、慢性腎臓病 (尿毒症物質)が急性心不全の予後に与える影響の検討

代表論文


  1. Matsumoto S, Nakanishi R, Watanabe I, Aikawa H, Noike R, Yabe T, Okubo R, Fujino T, Amano H, Toda M, Ikeda T:Heart Rate After Resuscitation From Out-of-Hospital Cardiac Arrest due to Acute Coronary Syndrome Is an Independent Predictor of Clinical Outcome. Circulation Journal 84:569-576, 2020
  2. Kiuchi S, Hisatake S, Kabuki T, Oka T, Dobashi S, Fujii T, Ikeda T:Comparable effect of tolvaptan in heart failure patients with preserved or reduced ejection fraction. Clinical and Experimental Hypertension 42:110 -117, 2020
  3. Hashimoto H, Nakanishi R, Mizumura S, Hashimoto Y, Okamura Y, Yamanaka K, Ikeda T:Prognostic value of 99mTc-ECD brain perfusion SPECT in patients with atrial fibrillation and dementia. EJNMMI Res 10:doi: 10.1186/s13550-019-0589-3, 2020
  4. Amano H, Noike R, Saito D, Yabe T, Watanabe I, Okubo R, Koizumi M, Toda M, Ikeda T:Plaque characteristics and slow flow during percutaneous coronary intervention of irregular protrusion by optical coherence tomography. Heart and Vessels 34:1076 -1085, 2019
  5. Amano H, Noike R, Yabe T, Watanabe I, Okubo R, Koizumi M, Toda M, Ikeda T:Frailty and coronary plaque characteristics on optical coherence tomography. Heart and Vessels 34:doi: 10.1007/s00380-019-01547-2, 2019
  6. Koike H, Morita T, Tatebe J, Watanabe I, Koike M, Yao S, Shinohara M, Yuzawa H, Suzuki T, Fujino T, Ikeda T:The relationship between serum indoxyl sulfate and the renal function after catheter ablation of atrial fibrillation in patients with mild renal dysfunction. Heart and vessels 34:641-649, 2019
  7. Dobashi S, Watanabe I, Nakanishi R, Hisatake S, Kiuchi S, Kabuki T, Oka T, Fujii T, Ikeda T:Comparing the effects of milrinone and olprinone in patients with congestive heart failure. Heart and vessels 34:doi: 10.1007/s00380-019-01543-6, 2019
  8. Watanabe I, Tatebe J, Fujii T, Noike R, Saito D, Koike H, Yabe T, Okubo R, Nakanishi R, Amano H, Toda M, Ikeda T, Morita T:Prognostic Significance of Serum Indoxyl Sulfate and Albumin for Patients with Cardiovascular Disease. International Heart Journal 25:129 -135, 2019
  9. Nakanishi R, Delaney JA, Post WS, Dailing C, Blaha MJ, Palella F, Witt M, Brown TT, Kingsley LA, Osawa K, Ceponiene I, Nezarat N, Rahmani S, Kanisawa M, Jacobson L, Budoff MJ:A novel density-volume calcium score by non-contrast CT predicts coronary plaque burden on coronary CT angiography: Results from the MACS (Multicenter AIDS cohort study). J Cardiovasc Comput Tomogr:doi: 10.1016/j-jcct.2019.09.016, 2019
  10. Watanabe I, Tatebe J, Fujii T, Noike R, Saito D, Koike H, Yabe T, Okubo R, Nakanishi R, Amano H, Toda M, Ikeda T, Morita T:Prognostic Utility of Indoxyl Sulfate for Patients with Acute Coronary Syndrome. Journal of Atherosclerosis and Thrombosis 26:64-71, 2019

教育の概要

学部

授業:臨床医学I 循環器系 対象学年:2年生(3学期)
循環器学では、心臓・血管に関連する構造、機能、症候、診察、検査、治療などの基礎知識を習得したうえで、循環器系の種々の疾患あるいは病態について細かく理解し、臨床的見地から理論的に考える力を身につけることを目標としています。講義が中心となりますが、必要な範囲内で演習(テュートリアル)と実習を行っています。講義は、「総論」と「各論」に分けられます。総論では、解剖、生理、病理、症候、診察(身体所見、心音・心雑音)、検査(心電図、胸部X線、心エコー、心筋核医学、冠動脈CT、心臓MRI、心臓カテーテル)、治療(薬物、カテーテル治療、外科手術、リハビリテーション)について学習します。各論では、血圧異常、心不全、虚血性心疾患、心筋疾患、心膜心内膜疾患、不整脈、先天性心疾患、弁膜症、動脈疾患、静脈・リンパ疾患について学習します。

見学型基礎臨床実習 対象学年:4年生(1~3学期)
 循環器の基本的な事項について学びます。実習全体に関わる評価として、時間遵守に関する態度、積極性に関する実習中の態度、協調性に関する実習中の態度、予習に関する評価(理論に関連した背景)、予習に関する評価(実践に関連した背景)、各診療領域に関わる評価として、循環器疾患の概略に関する理解、循環器の症候に関する理解、循環器の病態生理に関する理解、循環器の検査法に関する理解、循環器の基本的治療に関する理解、を設けています。

診療参加型臨床実習 対象学年:5年生(1~3学期)
 循環器の基本的な事項を踏まえての治療を含めての一歩進んだ実習を行います。指導医や研修医、さらには看護師や薬剤師等の他の職種も含めた診療チームの中で、医学生が診療チームの一員として一定の役割・責任を担いながら行う臨床実習を進めていきます。外来で予診を取る役割や、病棟患者の疾患についての知見を確認する役割、また患者の検査に同行して不安を和らげる役割等が例として挙げられます。診療現場では、医学生が担うことのできる役割は、一般的に指導医が想定しているよりも大きいといえます。

選択型臨床実習 対象学年:6年生(1学期)
 循環器のトータル的にとらえた高度な実習を行います。医師国家試験において必須とされる主要な循環器疾患を経験し、診断と治療についての知識を再確認します。経験できる疾患は、心筋梗塞を代表とする虚血性心疾患、不整脈疾患、弁膜症疾患、心不全、心筋症、大動脈疾患、静脈血栓症などです。経験できる手技は、心電図、心エコー、心臓CT検査、心臓核医学検査、心臓カテーテル検査・治療(見学)、不整脈検査・治療(見学)です。

大学院

(医学専攻博士課程)

  • 共通選択 循環呼吸病学コース(単位数:2)
    医学領域の実践的分野である疾病の診断、治療、社会復帰の向上のための臨床医学教育と研究の推進を図ることを主目的とし、本コースでは循環器病学、呼吸器病学、加えてこれら領域に関連した臨床医学を学ぶことができます。

  • 専攻科目 代謝機能制御系 循環器内科学(単位数:20;講義4、演習12、実習4)
    生活様式の欧米化、さらには高齢化に伴い、虚血性心疾患、不整脈、心不全、動脈硬化などの心血管病変を有した症例が増加しており、また多様化してきています。エビデンスとして認識されている内容を整理し、循環器疾患全般について病態、原因、検査、治療について理解し、診療を円滑に進めることが求められています。近年、循環器領域においては各種モダリティによる診断技術の進歩は目覚しく、また特殊技術を用いた治療法が積極的に行われるようになっています。最先端の手法を用いた循環器領域の専門的知識および技術を習得し、新しいことを発見する総合的な臨床的研究能力の獲得を目指しています。加えて、日本内科学会認定内科専門医および日本循環器学会専門医、さらには日本不整脈心電学会不整脈専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医の取得を可能にするプログラムを備えています。

診療の概要

虚血性心疾患、不整脈、心不全、高血圧、心筋症、心臓弁膜症、動脈疾患、静脈血栓症、肺高血圧症、先天性心疾患など循環器疾患全般を取り扱っています。特に虚血性心疾患、不整脈、心不全の診断と治療を得意にしています。急性心筋梗塞などの緊急性の高い患者様の紹介を受ける場合は、ホットラインシステムを通じて直接、循環器医師と相談可能です。循環器専門医が月曜から土曜まで初診外来を行い、日本全国から患者様を受け入れています。専門的な診断・治療を要する患者様の場合、日勤帯はパートナーを介して、夜間・休日は当科専属の当直医を介して、迅速に対応しています。
当院には、循環器センターとは別に中央診療部門に、心血管インターベンション部と不整脈センターを設置しており、特に冠動脈・末梢動脈疾患と不整脈疾患に対しては高度な医療を提供しています。

  • 虚血性心疾患
    急性心筋梗塞の場合は24 時間体制でカテーテル検査ならびに冠動脈インターベンション治療を行い、CCU で高度な医療を提供しています。外来では心筋血流SPECTや冠動脈CT などの画像装置を使って診断し、治療方針を決定しています。

  • 不整脈
    頻脈性不整脈に対して電気生理検査の診断の下、適切な薬物治療やカテーテルアブレーション、植込み型除細動器(ICD)の適応を決定しています。特に、最近では心房細動に対するカテーテルアブレーションを積極的に行っています。

  • 心不全
    心不全の原因疾患を特定し、病態にあった治療法を提供するとともに、難治性心不全に対しては、近年有効性が示された薬物を駆使し、病態の改善を図っています

その他

社会貢献

厚生労働省「医療機器検討会・水晶体被爆検討会・診断群分類検討会」 WG委員
国際協力機構(JICA) 顧問医
医薬品医療機器総合機構(PMDA) 専門委員
医療放射線防護連絡協議会 理事
消防基金 審査委員
生涯教育セミナー(学会・研究会・医師会) 講師
市民公開講座 講師

学会活動


  • 国内
    日本内科学会
    日本循環器学会
    日本不整脈心電学会
    日本心血管インターベンション治療学会
    日本心臓病学会
    日本心不全学会
    日本高血圧学会
    日本冠疾患学会
    日本超音波医学会
    日本心エコー図学会
    日本核医学会
    日本脈管学会
    日本動脈硬化学会
    日本心血管脳卒中学会
    認定NPO法人 日本心血管協会

  • 国際
    American Heart Association
    American College of Cardiology
    European Society of Cardiology
    Heart Rhythm Society
    Transcatheter Cardiovascular Therapeutics
    International Society for Holter and Noninvasive Electrocardiology
    International Society of Electrocardiology
    International Society of Cardiovascular Pharmacology
    World Congress of Cardiology
    Asia-Pacific Society of Cardiology
    Asia-Pacific Heart Rhythm Society

主催学会

第4回不整脈ハイブリット研究会、東京、平成24年3月24日
第10回心電図伝送システム研究会、東京、平成25年2月16日
第32回日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会、東京、平成25年6月9日
第5回国際心血管薬物療法学会日本部会市民公開講座、東京、平成26年1月4日
第3回日本心血管脳卒中学会、東京、平成28年6月17日~18日
第245回日本循環器学会関東甲信越地方会、東京、平成29年9月9日
International Congress on Electrocardiology(ICE)by 45th International Society of Electrocardiology (ISE) and 18th International Society for Holter and Noninvasive Electrocardiology (ISHNE), Chiba, June 28-30, 2018
第4回国際心血管薬物療法学会日本部会、東京、令和1年6月8日~9日
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151