大学院

メニュー

目的

博士課程医学専攻は、「自然・生命・人間」という建学の理念に基づいて、生命に対する畏敬の念をもって独創的な研究活動を展開できる医学研究者と、高度かつ専門的な医療知識・技術を修得し、診療に根ざした臨床研究を国際的視野に立って展開する能力をもつ指導的医療人を育成する。このような人材の育成を通して、社会に貢献することを目標とする。

アドミッション・ポリシー (入学者受け入れ方針)

 大学院医学研究科(博士課程)は、建学の精神と教育の理念のもと、「高い倫理観と豊かな人間性をもって、独創的な研究活動を展開できる医学研究者と、高度かつ専門的な医療知識・技術を修得し、診療に根ざした臨床研究を国際的視野に立って展開する能力をもつ指導的医療人」を育成するため、建学の精神と教育の理念に共感し、本学で学びたいという熱意と意欲のある、以下のような資質・能力を持つ学生を受け入れます。また、これらの資質を持つ人を適切かつ公正に選抜するために、多面的総合的な視点による選抜方法を組み合わせ、多様な入学者選抜を実施します。

1.基礎学力と論理的思考・表現力
 大学院博士課程で学ぶにふさわしい基礎学力をもち、情報を適切に読み解き、論理的に考えて表現する力を有している。

2.コミュニケーション力
 他者の話を聞き、自らの考えをわかりやすく伝えることができるコミュニケーション力を有している。

3.社会的責任感・倫理観
 生命の尊厳を尊重し、高度な倫理観を身につけた科学者・医療人として、自らが学んだ知識や技術を社会に発信し、社会に貢献する意欲を有する。

4.科学的探究心・自己研鑽
 医学分野の研究に興味を持ち、生涯にわたって自己研鑽し、科学の発展に積極的に貢献する意欲を有する。

5.国際性・多様性
 国際的視野を持つ意欲と多様な価値観を理解・尊重し、包摂する姿勢を有する。

具体的な選抜方法と、資質・能力との関係

 医学研究科(博士課程)では、一般選抜の他、特別選抜等を実施し、多様で特色のある背景を持つ学生の受け入れを目指しています。また、入学試験では、プレゼンテーション、面接、英語試験、成績証明書、志望理由書などを組み合わせて志願者の能力や資質を総合的に評価します。
 

 

一般選抜

特別選抜等

1.基礎学力と論理的思考・表現力

2.コミュニケーション力

3.社会的責任感・倫理観

4.興味関心・学修姿勢

5.国際性・多様性

◎…特に重点を置いている、○…重点を置いている

   
2024年4月1日改正

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 大学院医学研究科(博士課程)では、建学の精神と教育の理念のもと、「高い倫理観と豊かな人間性をもって、独創的な研究活動を展開できる医学研究者と、高度かつ専門的な医療知識・技術を修得し、診療に根ざした臨床研究を国際的視野に立って展開する能力をもつ指導的医療人」を育成します。医学に関する最先端手法を駆使して、生命科学、臨床医学、社会医学研究を推進でき、これら分野の研究に携われる能力を養成するために、以下の方針により教育課程を編成します。

1.知識・技能と課題解決力
 医学に共通する知識・技能を体得するために研究倫理、実験医学などを学修します。また専門の関連領域で必要とされる知識・技能を体得するために、生体構造、病態機構や環境社会医学などの共通選択科目を開講します。各専攻については代謝機能制御系、高次機能制御系、生体応答系、社会環境医療系の講義科目を開講します。基礎医学、臨床医学、社会医学の研究の課題解決力を育成するための実習科目を開講します。研究成果を東邦医学会にて発表し、学術論文としてまとめて発表する能力を身につける演習科目を開講します。

2.共生型リーダーシップ
 共通科目、専攻科目(演習・実習)により、他者との信頼関係を築き、協働できる力を涵養します。研究課題に関する実験又は調査の計画立案、実施、結果の解析、討論を行い、広く研究成果の説明や対外発表を行い、それを基に他者に対する指導力を身につける演習科目を開講します。大学における研究活動に加えて、臨床系の分野においては医療機関等にてチーム医療に繋がる実習を行います。

3.社会的責任感・倫理観
 科学・医療の発展と社会的責任を学び、正しい研究活動を実践する倫理観を身につけるために必須となる講義科目群を開講します。共通必須科目における医学教育学コース・研究倫理コース・研究者養成コース等により、社会における責任を自覚し、倫理観に基づいて行動できる力を養成します。

4.科学的探究心・自己研鑽
 医療活動、研究活動の基礎となる医学全般に関する幅広い知識および先端医療を身につけることを目的とした共通必修科目を開講します。自ら課題を発見して、探究を進め、自己研鑽へと結びつけられる能力を身につけるための専攻科目(演習・実習)を開講します。

5.国際性・多様性
 英語学術論文を読解・作成そして発表できる知識と能力を身につけるための講義・演習科目群を開講します。対外的に研究成果を発表して討論し、多様な価値観を理解・尊重する能力を身につけるための演習科目群および国際的コミュニケーション能力の涵養を目的とした科目を開講します。

◇教育課程の考え方
 医療活動、研究活動の基礎となる医学全般に関する幅広い知識および先端医療を身につけることを目的とした共通必修科目を開講します。自ら課題を発見して、探究を進め、自己研鑽へと結びつけられる能力を身につけるための専攻科目(演習・実習)を開講します。

【教育内容】
専攻科目(講義・演習):
医学研究分野の専門的な知識と技能を修得するための基盤となります。

専攻科目(演習・実習):
医学研究分野の専門的な知識と技能を発展的に応用する演習・実習科目を配置することで、論理的・批判的思考に基づき、他者と協働しながら問題解決し、医学研究を遂行する能力を養成します。

学位論文:
大学院博士課程で実践した医学研究の成果を客観的に評価して学位論文としてまとめます。

【学修方法】
 アクティブ・ラーニングを積極的に取り入れ、プレゼンテーションや討議等の機会を多く設定することで、能動的に学びながら他者と協働する姿勢や情報発信する能力、研究成果を論文としてまとめる能力を養成します。

【評価方法】
 学修成果の評価は、シラバス等に明記して学生に周知し、厳格かつ公正に評価します。すべての開講科目について成績評価を行います。成績評価にあたっては、レポート等の課題、プレゼンテーション、授業態度等、それぞれの学修の到達度を適正に評価するための方法および基準を定めます。特に、知識だけではなく技能や姿勢・態度の修得と醸成を行う演習・実習科目等については、必要に応じてルーブリック等を用い、学修の到達目標や修得すべき資質・能力に合わせた学修成果の評価を行います。学位授与に関しては、大学院で実施した研究内容について学術誌に公表した学術論文、研究内容のプレゼンテーションと討論、ルーブリックも活用した学位論文の客観的評価により、厳格かつ公正に決定します。
2024年4月1日改正

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 大学院医学研究科(博士課程)は、建学の精神と教育の理念のもと、「高い倫理観と豊かな人間性をもって、独創的な研究活動を展開できる医学研究者と、高度かつ専門的な医療知識・技術を修得し、診療に根ざした臨床研究を国際的視野に立って展開する能力をもつ指導的医療人」を育成することを使命としています。医学研究科で定める所定の教育課程を修め、以下の能力を身につけた学生に博士(医学)の学位を授与します。

1.知識・技能と課題解決力
 高度な医学的専門知識・技能を身につけ、科学的視点から論理的な思考をすることができ、自ら課題を発見し解決して、独創的な研究成果としてまとめ、発表する能力を有する。

2.共生型リーダーシップ
 普遍的な知識・理解と汎用的技能そして高度な専門知識と論理的思考力を基にした指導力を身につけ、他者との信頼関係を築いて協働し、教育・研究・医療機関等で中核を担うことができる。

3.社会的責任感・倫理観
 高度な倫理観を身につけた医療人として、社会の変化を敏感に察知し、これに対応しながら、将来を見据えて研究活動に取り組み、研究成果を社会に還元する態度を有する。

4.科学的探究心・自己研鑽
 医学分野の研究課題を自ら発見して、深く探究することができ、生涯にわたって自己研鑽できる。

5.国際性・多様性
 国際的視野を持ち、多様な価値観を理解・尊重して、医学研究を主体的に展開できる。
2024年4月1日改正