本学教職員

メニュー

ベビーシッター育児支援制度

新型コロナウイルス感染症対策のための小学校等の臨時休業に関連した企業主導型ベビーシッター利用者支援事業におけるベビーシッター派遣事業(通常分)の特例措置について
→ 全国保育サービス協会HP
本学では、教職員の福利厚生の一環として、「ベビーシッター派遣事業割引券」を発行しています。

こちらは、公益社団法人全国保育サービス協会(以降協会)が実施する事業で、本学が協会に承認されることにより、教職員の皆様にご利用いただけるものです。

割引券を利用して、ベビーシッターサービスを利用すると、1日の利用料金から1枚につき2,200円の割引を受けることができます。

全国保育サービス協会
令和2年度ベビーシッター派遣事業実施要綱
令和2年度ベビーシッター派遣事業約款

●割引金額

2,200円
(1日(回)対象児童1人につき1枚、1か月に24枚まで、1年間に280枚まで)
※新型コロナ特例措置を受ける場合、1日対象児童1人につき5枚、1ヶ月120枚(1年の限度枚数なし)

●利用条件

(1)対象者
  本学に雇用されている教職員で乳幼児等の保護者(私学共済加入者に限ります)

(2)対象となるサービス・条件
 ①配偶者の就労・病気療養、求職活動、就学、職業訓練等により、又はひとり親家庭であることにより、
  サービスを使わなければ就労すること(職場への復帰を含む。)が困難な状況にある場合の利用

 ②0歳~小学校3年生までの児童(その他健全育成上の世話を必要とする小学校6年生までの児童)
  の≪家庭内における保育や世話≫並びに≪ベビーシッターによる保育所等への送迎≫に限る

※保育所への送迎とは(約款より)
家庭と保育所等との間の送迎であって、保育所等の施設間の送迎ではないこと。
同一家庭以外の複数の乳幼児等を同時に送迎するものでないこと。
送迎の間の行程や乳幼児等の様子について、ベビーシッターが保育記録として記載しており、それにより保護者に報告していること。
ベビーシッターの所属するベビーシッター事業者が運営する保育施設の送迎でないこと。

 ③割引券取扱事業者の在宅保育サービスを利用する
  協会HP:割引券等取扱事業者一覧

●利用方法

利用を希望される方は、下記の取扱いと利用手順をご覧いただき、
割引券申込書に添付書類を添えて、各所属の 総務 または 人事 担当窓口までお申し込みください。


【R2.4.1~割引券発行開始前の期間にベビーシッターサービスを利用された方へ】

下記の条件を満たしている場合は、所定の手続きにより、割引料金の支払いを受けることができます。

≪ご確認ください≫