東邦大学額田文庫所蔵

額田文庫デジタルコレクション

療治茶談 三編 / 津田玄仙著

リョウジ サダン サンペン

出版地・出版者
浪華(大坂) 河内屋喜兵衞 [ほか]
出版年
天明6年 [1786]
冊数・大きさ
1冊, 258mm
注記
返しに、南総 積山先生撰 諸症經驗療治茶談三編 浪華書肆 嘉嚮堂 積玉圃梓蔵 とあり。
卷頭に、療治茶談 南總 津田玄仙兼詮著 とあり。
奥付に、天明六年丙午孟春 浪華書肆 心斎橋北詰和泉宇兵衛 心斎橋筋北久太郎町北江入河内屋喜兵衛 とあり。
外題 : 療治茶談三編 全

 『療治茶談』は津田(田村) 玄仙 (1737~1809) により書かれた医方・医論集で、(1)一編(初編)、(2)二編(後編)、(3)三編、(4)四編、(5)四偏附録、(6)五編、(7)六編、(8)続編、(9)続編附録の全9編から構成される。本編はその内の三編である。
 本編は玄仙自らの医療経験を語ったもので、内科、小児科、産・婦人科の診断法と治療薬の処方などを説いている。また、医師として自己研鑽が大切なことを説いている。
 津田玄仙(1737-1809)は、陸奥の国岩代(福島県)生まれ。水戸、京都などで学び、後に江戸で開業した。東国の名医として知られ、日本各地の医師と交流し学んだ。

額田文庫の書名表記について

当サイトでは各種ブラウザでの誤表示を避けるために一部実際の書名と異なる文字で表記している場合があります。

戻る