東邦大学額田文庫所蔵

額田文庫デジタルコレクション

漫游雜記 / 獨嘯菴著

マンユウ ザッキ

出版地・出版者
大坂 北田清左衛門
出版年
明和1年 [1764]
冊数・大きさ
1冊, 27cm
注記
奥付に、明和元年甲申九月吉日 剞劂 藤村善右衞門 書林北田清左衛門梓  とあり。

 永富獨嘯庵(1732-1766)がその晩年に『吐方考』 『嚢語』などとともに出版した、臨床経験集である。巻頭には、医術の習得にあたっての心得が説かれているが、当時の医療に対する鋭い批判も散見される。本書に記された乳がん手術の可能性が、のちに華岡青洲に示唆を与えたとされる。
 永富獨嘯菴(ながとみ どくしょうあん 1734-1766)は、実名は鳳介、昌庵または昌安を通称とした。故郷長門(山口)で儒学を学び、京都、福井で古医方、長崎では蘭学を学ぶ。31歳にして大阪で開業した。古方派の雄、吉益東洞にもライバルと目されていた存在であったが、35歳で早逝した。
 なお、序文を寄せた亀井南冥、(諱(いみな)は魯)は永富独嘯庵の高弟であり医師、儒者、教育家として活躍した。福岡市の志賀島で発見された金印の研究でも有名である。

額田文庫の書名表記について

当サイトでは各種ブラウザでの誤表示を避けるために一部実際の書名と異なる文字で表記している場合があります。

戻る