東邦大学額田文庫所蔵

額田文庫デジタルコレクション

叢桂亭醫事小言 7巻 (存1巻)
/ 原南陽著 ; 郡司恭筆記 ; 楊元貞, 宮井俊徳校正

ソウケイテイ イジ ショウゲン 7カン ゾン1カン

出版地・出版者
東京 三宅秀
出版年
[文政3(1820) 跋]
冊数・大きさ
1冊(巻之七のみ存), 230mm
注記
外題は題簽剥落のため不明。
版心書名 : 醫事小言巻之七蔵方
巻末に、門人郡司恭筆記 とあり。
版心に、叢桂亭蔵 とあり。
出版年は、跋文の「文政庚辰初春」による
巻末に「青藜閣蔵板書目録」あり。江戸浅草茅町二丁目須原屋伊八。

 1820年(文政3年)刊。原南陽の解説を門人らが筆記・校正した。漢方医学の総論、診断法、疾病別治療法を解説している。
 東邦大学にて所蔵している巻之七は『叢桂亭蔵方』と称される。自家の創方が収録されており、このうちには、今日でもよく用いられる、乙字湯や九味檳榔湯などが収載されている。和文で平易に書かれ、且つ、臨床的に高く評価されたため、出版部数を重ね、広く流布した。
 原南陽(名は昌克、南陽は号)は水戸の藩医の家に生まれ、父に医学、伯父に儒学を学ぶ。京都で医学、産科学を学び、その後江戸に戻り、小石川で治療を行ううち、技量を認められて水戸侯の侍医となる。その他 『経穴彙解』 『瘈(ケイ*)狗傷考』 『叢桂偶記』(以上額田文庫に収録あり)『寄奇方記』 『砦艸』なども著している。

*ケイ は 「やまいだれ」に「契」

額田文庫の書名表記について

当サイトでは各種ブラウザでの誤表示を避けるために一部実際の書名と異なる文字で表記している場合があります。

戻る