東邦大学額田文庫所蔵

額田文庫デジタルコレクション

診斷捷徑 / ハーゲン著 ; 岡玄卿訳

シンダン ショウケイ

出版地・出版者
東京 丸屋善七
出版年
明治11年 [1878]
冊数・大きさ
6冊, 18cm
注記
見返しに、中洲書室蔵版とあり。

 1878年(明治11年)刊。ライプツィヒの医科大学の教頭 Richard Hagen (1823-1908)による臨床検査法と診断法の実用書の和訳。原著の書名は『Anleitung zur klinischen Untersuchung und Diagnose.: Ein Leitfaden für angehende Kliniker.』(1877)。
 自覚症状、他覚症状、身体所見と、その鑑別診断、病理も含んだ検査方法についても言及している。身体所見は、聴打診はもちろんのこと、身体各部の診察方法を詳細に記述している。現在の内科診断学と基本的構成は同じであり、当時の水準を知るのに非常に参考になる書物である。
 訳者の岡玄卿(1852-1925)は石見(島根県)の生まれ。東京医学校卒。のちに東大医学部助教授となる。ドイツに留学した。東京医学校の教師エルヴィン・フォン・ベルツ(1849-1913)から本書を推薦された。

額田文庫の書名表記について

当サイトでは各種ブラウザでの誤表示を避けるために一部実際の書名と異なる文字で表記している場合があります。

戻る