東邦大学額田文庫所蔵

額田文庫デジタルコレクション

産論翼 2巻 附録1巻 / 賀川玄迪著

サンロンヨク 2カン フロク 1カン

出版地・出版者
江戸 須原屋茂兵衛
出版年
安永4年 [1775]
冊数・大きさ
2冊, 257mm
注記
乾之巻見返しに、産論翼 平安濟世館蔵版 とあり。
内題著者名は、賀川玄迪子啓。
坤の巻巻末に付録「附録治験二十八條」あり。

 賀川玄迪(1739-1779)が、養父賀川玄悦(1700-1777)の著した『産論』に増補して1775年に刊行した。本書は乾・坤の二巻に附録「治験二十八條」が添えられている。坤之巻「懐孕図三十二図」は、正産・倒産・横産の胎児の胎位と娩出の様子、双胎の胎位など身体の内部が描かれ、正常な胎位を示した世界で最初の図として知られている。
 賀川玄迪は出羽国(秋田県)横堀の生まれ。医師岡本玄適の子。26歳で京に上り、玄悦に師事した。後に阿波徳島藩の藩医となる。字は子啓、号は有斎という。養父賀川玄悦は江戸時代中期に京都で活躍した産科医。

額田文庫の書名表記について

当サイトでは各種ブラウザでの誤表示を避けるために一部実際の書名と異なる文字で表記している場合があります。

戻る