東邦大学額田文庫所蔵

額田文庫デジタルコレクション

公氏醫宗玉海 3巻 (存1巻)
/ 公樂地著 ; 私篤古斐斯訳 ; 兒玉順蔵重訳

コウシ イソウ ギョッカイ 3カン ゾン1カン

出版地・出版者
大坂 三書堂
出版年
萬延1年 [1860]
冊数・大きさ
1冊(巻二と巻三を欠く), 26cm
注記
外題 : 公氏醫宗玉海 一
版心に、慥慥齋藏 とあり。
見返しに、萬延元年庚申初夏新雕, 兒玉順蔵譯本, 公氏醫宗玉海, 三書堂發兌 とあり。

 ドイツの臨床医 Johann Wilhelm Heinrich Conradi (1780-1861)著の内科書の和訳。症候学、鑑別診断などの総論に次いで、熱病から始まる各論が述べられている。各論は、病性、病因、予後、治法、薬性について簡潔に述べられている。病名にドイツ語、ラテン語、オランダ語の読みがつけられている。
 J. W. H. Conradiは、ハイデルベルク、ボン、ベルリン、ゲッチンゲンの各大学教授を歴任した臨床医で、本書は、1835年のオランダ語訳からの重訳。
 訳者の児玉順蔵(1806-1861)は備前(岡山市)の医家に生まれ赤穂藩で儒医に学ぶ。のちに脱藩し、長崎でシーボルトに師事。蘭方と蘭学を修める。帰藩をゆるされ家老の侍医を勤める。蘭学教授、蘭書の翻訳などにも携わった。その門下より島村鼎甫、石井信義、長瀬時衛、花房義質らの俊才を出した。岡山藩洋学の先達である。

額田文庫の書名表記について

当サイトでは各種ブラウザでの誤表示を避けるために一部実際の書名と異なる文字で表記している場合があります。

戻る