東邦大学額田文庫所蔵

額田文庫デジタルコレクション

經穴彙解 8巻 / 原南陽編

ケイケツ イカイ 8カン

出版地・出版者
水戸 須原屋安次郎
出版年
享和3年 [1803]
冊数・大きさ
8冊, 253mm
注記
版心に、叢桂亭蔵 とあり。
出版年は序文の「享和癸亥」による。
巻之一見返しには、南陽原先生偏輯 千里必究 經穴彙解全八巻 書肆 江都青黎閣 水戸東壁樓 發 とあり。

 本書は、鍼灸医学書である『甲乙経』を骨子とし、中国・日本の歴代医書を引用して経穴・経脈を解説している。江戸後期の代表的経穴学書として流布した。解剖が行われなかった時代に人体の機能と生理を学ぶための書で、原南陽の知識の集大成とされる。
 著者原南陽(1753-1820、名は昌克、号は叢桂亭)は水戸の藩医の家に生まれ、父に医学、伯父に儒学を学ぶ。京都で医学、産科学を学び、その後江戸に戻った。小石川で治療を行ううち、機縁により技量を認められて水戸侯の侍医となる。

額田文庫の書名表記について

当サイトでは各種ブラウザでの誤表示を避けるために一部実際の書名と異なる文字で表記している場合があります。

戻る