東邦大学額田文庫所蔵

額田文庫デジタルコレクション

一本堂藥選 3巻 續1巻 / 香川修徳著

イッポンドウ ヤクセン 3カン ゾク1カン

出版地・出版者
平安 文泉堂
出版年
享保16年[1731]-元文3年[1738]
冊数・大きさ
4冊, 275cm
注記
上編見返しに、一本堂藥選 享保辛亥新刊 平安 文泉堂發行 とあり。
下編 : 享保19年[1734]跋刊
續編 : 元文3年[1738]序刊
版心に、一本堂蔵書 とあり
版心書名 : 藥選

 香川修徳(修庵, 1683-1755)は江戸時代中期の医家にして儒者。姫路出身。京都で古医方と儒学を学び、のちに儒医一本説をとなえた。薬物ごとに試効、撰修、弁正の3項目を立てて論じ、実験による薬効の裏付けの重要性を説いた。
 本書は、我が国で初の実証的薬物書と言われている。また、続編では温泉の効能についても論じている。

額田文庫の書名表記について

当サイトでは各種ブラウザでの誤表示を避けるために一部実際の書名と異なる文字で表記している場合があります。

戻る