東邦大学額田文庫所蔵

額田文庫デジタルコレクション

醫家必携 3巻 / 堀内淳忠亮輯

イカ ヒッケイ 3カン

出版地・出版者
江戸 須原屋伊八
出版年
安政4年 [1857]
冊数・大きさ
3冊, 181mm
注記
巻之1の見返しに、適齋堀内先生著 醫家必携 米澤日渉園藏 青藜閣發 とあり。 出版年は跋文の「安政丁巳秋日」による。
外題 : 醫家必携 上,醫家必携 中,醫家必携 下

 著者の堀内適斎(堀内素堂, 1801-1854)は、米澤藩の医師。藩校で学んだ後、江戸や長崎で蘭学を学んだ。
 本書は西洋医学の医学書で、おもに内服薬について効能と用い方を解説し、日常診療に必要な薬物治療の知識を簡潔にまとめたもの。別名を『袖珍洋方薬物学』という。(「袖珍」は小型、ポケット型のものという意味)
 編集にあたり、主としてオランダのイペイ(Adolphus Ypey,1749-1822)ほか10人余の著作の翻訳書または原書を参考にしたとのこと。

額田文庫の書名表記について

当サイトでは各種ブラウザでの誤表示を避けるために一部実際の書名と異なる文字で表記している場合があります。

戻る