お知らせ一覧

メニュー

2022年度企画展
「額田兄弟の外遊 天下ノ模範トモナリタク」のお知らせ

展示概要

 東邦大学創立者である額田豊・晉兄弟は、明治から昭和の時代にかけて医師、研究者、教育者として、最新の知見を得るために海外を訪れました。兄の豊はドイツの大学で医学の知識を深め、さらに女子教育の必要性に目覚めました。また、弟の晉はアメリカや中国、ヨーロッパ各地で多くの研究者と関係を築き、戦中戦後にかけて幅広く交流を続けました。

 展示タイトルにある「天下ノ模範トモナリタク」というフレーズは、豊がドイツ留学中に晉に宛てた書簡に書かれていたものです。将来、二人でなんらかの事業を成し遂げたいという豊の思いは、1925年の帝国女子医学専門学校の創立という形で成就しました。

 明治期以降、近代化にともなって海外と日本を結ぶ航路が発達してグローバルな移動に対するハードルが下がり、これによって人・モノ・文化などの交流・交換が盛んに行われました。しかし同時に、戦争や感染症によって行動が左右された時代でもありました。本展示では、「天下ノ模範」というナショナルな枠組みにおける目標を掲げながら、さらにグローバルな視点で物事を捉えていた額田兄弟の姿を描写しています。

 額田兄弟の海外滞在中の詳細を取り上げた展示は今回が初となります。国際情勢揺れ動く時代のはざまに、ふたりは異国の地で一体どのようなことを学び得てきたのでしょうか。帝国女子医学専門学校や額田医学生物学研究所の設立にも繋がるそれぞれの海外経験について、当時の資料や時代背景とともに紐解きます。

※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、会期等が変更になる場合があります。

会期

2022年8月22日(月)~10月14日(金)
※習志野メディアセンターにおいても、2022年10月20日(木)~12月20日(火)に同内容の出張展示の開催を予定しています。

場所

額田記念東邦大学資料室
(東邦大学大森キャンパス 医学部本館1階)

主催

額田記念東邦大学資料室

資料室だより ~活動ブログ~

2022年09月14日 更新

企画展—補足②「学校医学」と「自然療法」 豊による大気安静栄養療法の実践

開室時間

月曜~金曜 10:00~16:00
(土曜日・日曜祝日は閉室)
年間イベントスケジュール

お問い合わせ・連絡先

額田記念東邦大学資料室

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-5763-6697
FAX:03-3768-0660