所蔵資料について

メニュー

資料の保存

学校法人東邦大学の歴史に関する資料を将来に継承するためには、資料の長期的な保存が欠かせません。資料室では、資料を適切な管理のもとで長期的に保存するとともに、積極的な資料の活用を推進していきます。

保存環境

資料(図書・雑誌を除く)は、1点ずつ中性紙製保管器材に入れ、学外の専用保管倉庫へ保管委託を行います。倉庫内は、温度25℃以下、湿度約55%に保たれており、防塵・防災・セキュリティ機能を備えています。また、図書・雑誌資料については、メディアセンターと共同で適切な管理に努めています。

資料の取り扱いと使用

資料の取り扱いと使用は、担当の職員のみが行うものとし、細心の注意を払い、適切に実施します。使用頻度が高く、なおかつ劣化が著しい資料については、修復・デジタル化・複製の作成等を検討します。また、これらの資料については、総目次やテキストデータ の作成を推進していきます。

資料室だより ~活動ブログ~

2019年04月16日 更新

船上の記念写真

開室時間

月曜~金曜 10:00~16:00
(土曜日・日曜祝日は閉室)
年間イベントスケジュール

お問い合わせ・連絡先

額田記念東邦大学資料室

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-5763-6697
FAX:03-3768-0660