設計図をデジタル化しました

資料の保存措置施策として、
設計図のデジタル化を行いました。

資料室では、青図を数枚、所蔵していましたが、
デジタル化処置を行ったことがありませんでした。
昨年末に、寄贈していただいた額田医学生物学研究所資料の中に、
多数の設計図が含まれていたので、
今年度の保存措置として実施しました。

紙資料は、頻繁に利用すると破損の可能性があるため、
デジタル化を行うことで、資料を守ることができます。

資料のデジタル化は、資料を守るためにも、
閲覧するためにも、とても便利ですが、
やはり直接現物に触れるほうが嬉しいものですね。

投稿者:スタッフ

記事一覧に戻る

Top