これまでの活動

メニュー

展示案内

常設展示(2010年6月9日~2017年10月2日まで)

創立者 額田豊・晉兄弟の軌跡

二人とも第一高等学校・東京帝国大学医科大学卒業した後、病院を開設しました。
そして、協力して帝国女子医学専門学校を創立します。
性格は似ていないと言われた兄弟ですが、
同じ医学の道に進み、手を携えて学校を運営しました。

学園の黎明-帝国女子医学薬学専門学校・理学専門学校

入学案内や学内広報誌等から、当時の入試内容や学校生活が分かります。
数少ない理系女子専門学校であったことや、積極的な学生募集活動により、
地方や国外からも多くの学生が集まりました。

戦時体制下の学校

戦争の影響はもちろん学校にも及びます。
報国団の結成を初めとし、学生たちも疎開児童診療や学徒動員に参加しました。

戦後、男女共学の東邦大学へ

戦後は、薬学科と理学専門学校の習志野への移転や、
大学への昇格等が行われました。
現在の東邦大学は、多くの困難を乗り越えて成り立っています。

資料室だより ~活動ブログ~

2023年01月26日 更新

1946年1月、本館の寒さ

開室時間

月曜~金曜 10:00~16:00
(土曜日・日曜祝日は閉室)
年間イベントスケジュール

お問い合わせ・連絡先

額田記念東邦大学資料室

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-5763-6697
FAX:03-3768-0660