学外トップページ > お取引業者様へ

お取引業者様へ

 

本学に物品(公的研究費購入分)をご納入頂いているお取引業者様へのお願い

東邦大学 学長 山崎純一

平素より種々のご協力を賜り誠に有難うございます。
この度一部の大学における研究費の不正使用を発端に、文科省より平成26年2月に「改訂版、管理・監査のガイドライン」に準じた運用とするよう各大学に対し、管理ルールの見直しを指示されています。
本学は、平成19年度より納品確認の徹底を始め各種のルールを制定し運用してまいりました。そして、さらなる納品検収の徹底を図ることから、平成24年11月より医学部、大森病院および看護学部、平成25年4月から大橋病院で10月からは佐倉病院で、研究者自身から直接発注依頼を行った物品等の納品先を、従来の教室・医局への納品から事務室への一時納品、検収後に、教室・医局へ納品していただく体制に変更しています。(各地区の納品検収場所は、下記PDF「業者の皆様へ(※1)」をご参照下さい
さらに平成28年度より科研費限定ではありますが、習志野地区では科研費新規課題採択研究者から「研究者による直接発注依頼」から「事務による直接発注(研究者による発生源入力)」を開始し、平成29年度から大森地区の医学部(3病院を除く)と看護学部で「事務による直接発注(研究者による発生源入力)」の運用を開始致します。(「発生源入力の導入について(※2)」をご参照下さい)
お取引業者の皆様にも、従来とは異なる手続きをお願いする点が多々あると存じますが、引き続きご協力下さいますようお願い申し上げます。
なお、万が一本学関係者から「預け金」「架空請求」等の不正な要求があった場合は、毅然としてお断りしていただき、本学の通報窓口(※3)へご連絡下さいますようお願い申し上げます。
また、平成25年10月より「不正行為等には加担しない」旨の『誓約書(※4)』を提出していただきますが、万が一本学関係者が行った不正行為に加担した場合、或いは加担したと看做された場合には、以降はお取引停止とさせて頂きますのでお含み置き下さい。
以上失礼なことも縷々申し上げましたが、諸般の事情をご賢察頂き、今後とも宜しくご協力下さいますようお願い申し上げます。

以上

※1 業者の皆様へ

※2 発生源入力(事務方発注)の導入について

※3 通報窓口

学校法人東邦大学 法人本部総務部
電話 03-5763-6503 (直通)、03-3762-4151 (代表) 内線2131(大森)
e-mail somu.honbu01@jim.toho-u.ac.jp

申立書 doc

※告発の際は「東邦大学における研究活動の不正行為防止および研究費の不正使用防止に関する規定」の第6条に基づき、申立者や申立て内容について保護します。

※4 誓約書