トップページ > 責任体系

東邦大学 東邦大学学事統括部
〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-3762-4151
(内線 2125 担当: 藤田・秋元
佐谷・宇都宮・真行寺)
E-mail: citi-tohoの後ろに@jim.toho-u.ac.jp

責任体系

 

【画像クリックで拡大表示】

責任体系図
責任体系図

●最高管理責任者:学長

最高管理責任者は、不正防止対策の基本方針を策定・周知するとともに、それらを実施するために必要な措置を講じ、統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者及びコンプライアンス推進責任者補佐が責任を持って競争的資金等の運営・管理が行えるよう、適切にリーダーシップを発揮しなければならない。
また、意思の浸透を図るとともに、実効性のある対策とするために、必要に応じて基本方針の見直し、必要な予算や人員配置などの措置を行う。

●統括管理責任者:財務担当常務理事、事務局長

統括管理責任者は、不正防止対策の組織横断的な体制を統括する責任者であり、基本方針に基づき、機関全体の具体的な対策を策定・実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を最高管理責任者に報告する。

●コンプライアンス推進責任者:医学部長、薬学部長、理学部長、看護学部長、健康科学部長、大森学事部長、習志野学事部長、大森・大橋・佐倉の3病院事務部長および学事統括部長、法人本部財務部長

●コンプライアンス推進責任者補佐:大森病院長、大橋病院長、佐倉病院長

コンプライアンス推進責任者及びコンプライアンス推進責任者補佐は、統括管理責任者の指示の下
  1. 自己の管理監督又は指導する部局等における対策を実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を統括管理責任者に報告する。また、コンプライアンス推進責任者等は、実効的な管理監督が行えるよう各講座・教室・研究室・課の責任者をコンプライアンス推進副責任者に任命することができる。
  2. 不正防止を図るため、部局等内の競争的資金等の運営・管理に関わる全ての構成員に対し、コンプライアンス教育を実施し、受講状況を管理監督する。
  3. 自己の管理監督又は指導する部局等において、構成員が、適切に競争的資金等の管理・執行を行っているか等をモニタリングし、必要に応じて改善を指導する。
  4. 臨床部門において上記1から3を行うにあたり、滞りなく遂行できるよう相互に協力し、調整等を図るものとする。

●コンプライアンス推進副責任者:各講座・教室・研究室または各課の責任者

コンプライアンス推進責任者等から指示されたコンプライアンス教育・研究費執行・管理等を自分の講座・教室・研究室・課において、管理監督し、コンプライアンス推進責任者等に状況報告を行うものとする。

●研究倫理教育責任者:医学部、薬学部、理学部、看護学部、健康科学部、事務部

本学の各学部等に、研究活動に係る不正行為の防止を図るため、研究倫理教育責任者を配置する。各学部のコンプライアンス推進責任者は、各学部に所属する研究者等のうちから研究倫理教育責任者を選任し、事務部は学事統括部長がその職を担うものとする。