トップページ > 学長挨拶

東邦大学 東邦大学学事統括部
〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-3762-4151
(内線 2125 担当: 藤田・秋元
佐谷・宇都宮・真行寺)
E-mail: citi-tohoの後ろに@jim.toho-u.ac.jp

学長挨拶

 
近年、我が国の科学技術の研究開発の現場において、研究活動の不正行為や研究費の不正使用が少なからず発生していることは、極めて遺憾であります。
科学研究の実施は社会からの信頼と負託の上に成り立っており、研究活動の不正行為や研究費の不正使用により、科学研究そのものがよって立つ基盤が崩れることになることを研究に携わる者は皆自覚しなければなりません。厳しい財政事情にもかかわらず、未来への先行投資として、国民の信頼と負託を受けて国費による研究開発を進めていることからも、研究の公正性の確保がより一層強く求められております。
また、東邦大学の研究者は、「自然・生命・人間」という建学の精神、ならびに学問の自由の下に、知的活動を担う科学者として、自らの専門的な判断により真理を探求するという権利を享受するとともに、専門家として社会の負託に応える義務を有しております。
さらに、文部科学省は、平成26年2月に「研究機関における管理・監査のガイドライン(平成26年度施行を義務付)」、平成26年8月に「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成27年度から施行)」を改正し、平成26年度より、研究者はもちろん公的研究費の運営・管理に関する事務職員・技術職員等(非常勤を含む)に対しても、コンプライアンス教育ならびに研究倫理教育の受講を義務付けています。
このような背景から、東邦大学では平成26年度より、コンプライアンス(研究倫理)教育としてCITI JAPAN プログラムを全学的に導入、推進致します。コンプライアンス推進責任者ならびにコンプライアンス推進責任者補佐には、コンプライアンス(研究倫理)教育受講者の管理、コンプライアンス(研究倫理)教育の啓発、履修状況の管理等の徹底をお願い申し上げます。
また、受講者の皆さま方におかれましては、是非、本プログラムに積極的に取り組み、高い倫理観の下で日々の研究活動等に邁進して頂くようお願い申し上げます。

東邦大学学長 山崎 純一