理学部情報科学科

メニュー

白柳 潔/教授

氏名

白柳 潔

経歴

  • 1982年3月 東京大学理学部数学科卒業
  • 1984年3月 東京大学大学院理学系研究科数学専攻修士課程修了
  • 1984年4月~2006年3月 NTT研究所勤務
  • 1992年9月~1993年8月 米国コーネル大学数理科学研究所客員研究員
  • 1992年10月 東京大学大学院数理科学研究科 博士(数理科学)
  • 2006年4月~2010年9月15日 東海大学理学部情報数理学科教授
  • 2010年9月16日 東邦大学理学部情報科学科教授

専門分野

代数学
計算代数
アルゴリズム理論

主な研究課題

  • 数値数式融合計算、代数的アルゴリズムの安定化理論

主な研究業績

<論文>

  • K. Shirayanagi and H. Sekigawa, “A New Groebner Basis Conversion Method Based on Stabilization Techniques”, Theoretical Computer Science, Vol. 409, pp. 311-317 (2008).
  • K. Shirayanagi and M. Sweedler, “Remarks on Automatic Algorithm Stabilization”, Journal of Symbolic Computation, Vol. 26, No. 6, pp.761-766 (1998).
  •  K. Shirayanagi, “Floating Point Groebner Bases”, Mathematics and Computers in Simulation, Vol. 42, No. 4-6, pp.509-528 (1996).
  • K. Shirayanagi, “Decision of Algebra Isomorphisms Using Groebner Bases”, Computational Algebraic Geometry (F. Eyssette and A. Galligo eds.) Progress in Mathematics Vol. 109, Birkhauser, pp.253-265 (1993).
  • K. Shirayanagi, “A Classification of Finite-dimensional Monomial Algebras”, Effective Methods in Algebraic Geometry (T. Mora and C. Traverso eds.) Progress in Mathematics Vol. 94, Birkhauser, pp.469-482 (1991).
  • K. Shirayanagi, “Knowledge Representation and its Refinement in Go Programs”, Computers, Chess, and Cognition (eds. T.A.Marsland & J.Schaeffer), Springer-Verlag, pp.287-300 (1990).
  •  K. Shirayanagi, “Algebras associated with LSGOP”, Journal of Algebra, Vol. 113, No. 2, pp.318-338 (1988).  

主な担当科目

情報数理Ⅰ
情報数理Ⅱ
情報代数学
情報数学基礎論(大学院)

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110