理学部情報科学科

メニュー

金岡研究室

所属教員

研究室紹介

当研究室が取り組んでいるテーマは、暗号の応用とネットワークセキュリティです。
サイバー空間上のセキュリティを実現するために、さまざまな暗号方式の応用シ ステムの研究やネットワークやシステムの安全性の定量化と最適化、さらには人 間が使うことを意識したセキュリティのあり方について研究を行っています。

研究内容

ネットワークシステムのモデル化と安全性の最適化理論の研究

Webに代表されるインターネット上の各サービスは、単一のサーバだけではなくさまざまな機器が連携して1つのサービスを提供しています。それらの機器は1つのネットワークを構成していることから、我々はこういったシステムを「ネットワークシステム」と呼び、そのモデル化と安全性の理論について研究を行っています。

確率的パケットマーキングの研究

サービス妨害(DoS)攻撃は社会的に大きな脅威となっています。その対策手法の1つとして途中経路のルータにおいてパケットに情報を確率的に付与する確率的パケットマーキング(PPM)手法があります。当研究室ではPPM手法の現実応用に向けた研究を中心に幅広く研究を行っています。

リスクの定量化

セキュリティを適切に、しかも過不足なく提供するためには、「適切さ」や「過不足のない度合」といった定量値が必要となりますがさまざまなリスクの定量化はまだ発展途上です。当研究室ではリスクの定量化に向けて、さまざまなアプローチで研究を行っています。

暗号の応用、システム化

理論的な研究として、数多くの新しい暗号プロトコルが提案されています。これらの暗号プロトコルを実装し、そして社会に展開させるためにはさらに多くの事柄を考えていかなくてはいけません。当研究室ではIDベース暗号に代表される近年の新しい暗号プロトコルについて、その利用方法や利用フレームワークなど現実適用に向けて考慮しなければいけない点について研究を行っています。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823 【学部長室】
TEL:047-472-7110