理学部情報科学科

メニュー

シミュレーション

担当教員 佐藤 文明

授業目的

現実の事象や物事の変化の性質を分析するために、特にある特性に着目して扱いやすくする体系に変換し(モデル化)、そのモデルを用いて模擬実験し、観測して定量評価することがシミュレーションである。現実のシステムを構築することが不可能な場合や困難な場合に用いられる技術であり、システムを分析し開発する際の基礎的な技術となる。この授業では、モデリングとシミュレーションの基礎的な概念と技術を習得することが目標である。

授業内容

モデリングとシミュレーションの基礎的な概念を習得した後、各種シミュレーションの技法と実際の計算を行う。具体的にはExcelを使ってシミュレーションを実施し、グラフ化やアニメーション化などを行う。また、待ち行列理論とイベントドリブン型のシミュレーションについても学習する。

教科書・参考書

適宜資料を配付する。必要に応じて、授業の中で教科書を指定する。

評価方法

授業への参加度(10%)、レポート・課題(30%)、最終試験(60%)

オフィスアワー

月曜(13:00~14:30)、木曜(10:30~12:00)

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110