理学部情報科学科

メニュー

データベース論
Database Theory

担当教員 牧野 武則

授業目的

情報を管理・維持するためのデータベースにおけるデータのモデルについて、リレーショナルデータベースを中心に紹介する。さらに物理的なデータと論理的データ構造との関係、ユーザインタフェイス、データベースの保全について述べ、最後に将来のデータベースの諸相を議論する。

授業内容

  1. はじめに: データベースの歴史と概要の紹介
  2. データベースモデル: 木型、網型、関係型モデル
  3. リレーショナルモデル: モデルと関係演算
  4. 問い合わせ言語: データベースの操作方法
  5. システムの設計と管理: データベースを例題にした情報システムの設計と管理法
  6. 管理システム法: 物理構造との写像と保全方法
  7. データベースと情報検索: 情報検索におけるデータベース技術の応用
  8. 将来のデータベース: OODB、演鐸DBなど

関連科目

計算論理、グラフ理論

教科書・参考書

「リレーショナルデータベース入門」(増永良文著、サイエンス社)
「データベースと知識ベース」(大須賀節雄著、オーム社)

評価方法

定期試験とレポートの総合評価によって評価

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110