理学部情報科学科

メニュー

暗号と情報セキュリテイ
Cryptography and lnformation Security

担当教員 足立 智子

授業目的

情報ネットワーク社会の進展にともない、情報セキュリティの重要性が増している。現代の暗号技術は、アルゴリズムの公開、および鍵情報の部分公開(公開鍵暗号)といった概念で特徴付けられる。このような概念が登場したのが、コンピュータとネットワークが融合して利用されるようになった1970年代後半であり、それ以降、暗号理論およびその応用が飛躍的に発展してきている。このような現代の暗号技術は、整数論、組み合わせ論党を用いて構成されており、有限体上の多項式の計算、整数の素因数分解、有限体上の離散対数の計算、あるいは有限幾何上のいろいろな計算問題といった整数や代数上のアルゴリズムが、情報科学の分野の重要な問題となっている。 本講義では、このような現代暗号に関連する理論と技術について解説する。

授業内容

  1. 秘密鍵暗号と公開鍵暗号
  2. 認証・署名
  3. データ暗号標準(DES暗号)
  4. 素因数分解を用いた暗号(RSA暗号)
  5. 離散対数を用いた暗号(Diffie-Hellman鍵配送方式、ElGamal暗号)

関連科目

情報数理IA・B、情報数理IIA・B、情報代数学

教科書・参考書

【参考書】
暗号理論入門(岡本栄司著、共立出版)
暗号と情報セキュリティ(辻井重雄・笠原正雄編著、昭晃堂)
暗号・ゼロ知識証明・数論(情報処理学会監修、岡本龍明・太田和夫共編、共立出版)
符号と暗号の数理(藤原良・神保雅一著、共立出版)

評価方法

期末試験の以外に小テストまたはレポートを課すので、それらの総合評価とする。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110