理学部情報科学科

メニュー

確率論II

担当教員 金子 博

授業目的

基本的な確率過程である、マルコフ連鎖、待ち行列過程とマルチンゲール性を理解する。マルコフ連鎖における固有値の意味、ネットワークと待ち行列過程の関係、条件付き平均値の理解の意味と計算の習得をも目標とする。

授業内容

教養科目の代数・幾何・微積分、専門科目の確率論を受け、純粋数学のみならず各種の情報科学に応用されるマルコフ連鎖ならびに二次定常過程について概説する。マルコフ連鎖については行列解析を使った各種の極限定理が、議論の中心であり、後者についてはウィーナー過程の解析学についてリーマン積分の枠内で議論する。

関連科目

確率論Ⅰ

教科書・参考書

参考書:
小和田正:確率過程とその応用(実教出版)
ホーエル他:確率過程入門(東京図書)

評価方法

2回程度の試験による。

オフィスアワー

月曜午後3時—5時、 木曜午後3時—5時(4421教室)

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110