理学部情報科学科

メニュー

微分方程式論

担当教員 伊藤 登

授業目的

連続時間線形システムの数学的表現として微分方程式と畳み込み積分がある。本講義の目的はラプラス変換法による微分方程式の解法を習得し、線形システムの時間領域表現と周波数領域表現の相互変換の理解を目指すことである。

授業内容

本講義では、まず数学の予備知識として複素数の演算(加減乗除)と表現を復習してから電気系と機械系の入出力の関係を表す微分方程式を導入する。次に、ラプラス変換と逆ラプラス変換による線形微分方程式の解法を詳しく講義する。最後に、畳み込み積分と伝達関数の概念を紹介する。

関連科目

信号処理

教科書・参考書

参考書:すぐわかるフーリエ解析(石村園子著、東京図書)

評価方法

レポート・期末試験への配点はそれぞれ1割・7割とする。

オフィスアワー

木曜日 13:00~18:00(4531教室)

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110