大学院

メニュー

カリキュラム紹介

成績評価

  1. 履修科目の単位の認定は、筆記又は口頭の試験、若しくは研究報告等によるものとする。
  2. 成績評価は、前期課程および後期課程ともに優、良、可及び不可に分け、優、良、可を合格とし、不可を不合格とする。

修了要件(前期課程)

前期課程の修了の要件は、本研究科に2年以上在学して、各専攻で別に定める修了に必要な単位数を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、学位論文の審査又は特定の課題について研究の成果の審査及び最終試験に合格することとする。
但し、優れた業績を上げた者についての在学期間に関しては、1年以上在学すれば足りるものとする。また、優れた業績を以て、修了に必要な単位数を充足させるものとする。

修了要件(後期課程)

後期課程の修了要件は、本研究科の後期課程に3年以上在学して、各専攻で別に定める修了に必要な単数30単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、学位論文並びに最終試験に合格することとする。
但し、優れた業績を上げた者についての在学期間に関しては、前・後期併せて3年(前期課程に2年以上在学し、当該課程を修了した者にあっては、当該課程における2年の在学期間を含む。)以上在学すれば足りるものとする。
また優れた業績を以て、修了に必要な単位数数を充足させるものとする。