大学院

メニュー

専攻紹介・目的

理学研究科教育研究の目的

理学研究科の使命は自然科学の教育研究を通して、高度な専門知識に裏打ちされた問題発見・解決能力を身につけた人材を輩出することです。理学に関する学術の理論および応用を教育研究し、その深奥を究めて文化の発展と人類の福祉に寄与することを目標としています。このために、単なる科学的専門知識の習得に留まらず、自然に対する畏敬の念と謙虚な心を涵養することで、バランスのとれた科学者・技術者として社会を支え、国際社会でも活躍しうる能力を身につけさせることが教育研究目的です。
前期課程では理学分野における高度な専門知識を有し、技術職、教育職、行政職など社会的実務の中核を担う人材の育成を目指します。後期課程は、理学分野における創造性豊かな優れた研究・開発能力を有し、多様な研究・教育機関の中核を担う人材の育成を目指します。

大学院理学研究科案内

化学専攻(博士前期課程及び博士後期課程)

学位: 博士前期課程 修士(理学) / 博士後期課程 博士(理学)

化学専攻 教育研究の目的

  • 博士前期課程:新規化合物のデザイン、合成、精製、同定、物性の測定•評価および化学物質の分析•定量等の研究を推進する中で、その知識と技能を習得し、わが国の科学技術を支えうる有為の人材を組織的に養成します。
  • 博士後期課程:化学分野における先端的研究を推進する中で、創造性豊かに、かつ自立的に研究を遂行する能力を涵養し、わが国の化学分野における研究•教育機関の中核を担いうる人材を組織的に養成します。

学びの魅力 物質科学の真髄に迫る

化学専攻は「無機・分析化学」「物理化学」「有機化学」の3部門から構成され、それぞれに博士前期課程と博士後期課程が設置されています。各部門では指導教員・副指導教員らによる強力なバックアップ体制のもと、大学院生各々の能力や個性に応じたきめ細やかな指導で多彩な研究を進めています。国内外の第一線で活躍している研究者を招いての特別講義や、外部研究機関との共同研究も行っています。
無機・分析化学
  • メスバウアー分光法による典型元素化合物の構造化学
  • 超原子価典型元素化合物の合成と機能の開拓
  • 新規反応試薬・媒体を用いる高機能物質分離系の開発
  • 地球システム進化の地球化学、アストロバイオロジー
  • 現世の海洋・湖沼・河川・土壌の環境地球化学、生物地球化学
  • 水域生態系における物質循環に関する研究(博士前期)
  • 光磁気物性発現に向けての超分子錯体の結晶設計と機能評価(アクチノイド錯体およびランタノイド錯体を含む)
  • 金属錯体を用いた光機能性分子の創製と機能開発
物理化学
  • 分子性固体の合成および有機・無機薄膜物性に関する研究
  • 新規ナノ物質の合成およびそれらの新規測定法の開発
  • ポリイミドと関連樹脂の高性能化と機能化に関する研究
  • エレクトロニクス用高分子材料の開発とデバイスへの応用(博士前期)
有機化学
  • 環状配位子や直鎖状配位子による超分子構造体の構築と機能発現
  • 多機能性含窒素複素環化合物の合成と物性評価
  • 新規分子機械の合成と機能評価に関する研究(博士前期)
  • 生体機能分子の合成化学的供給や制御に関する研究(博士前期)

生物学専攻(博士前期課程及び博士後期課程)

学位: 博士前期課程 修士(理学) / 博士後期課程 博士(理学)

生物学専攻 教育研究の目的

  • 博士前期課程:生物学の多種多様な研究を推進する中で、生物の多様性や生物にまつわる諸現象の仕組みを科学的に深く理解し、技術職、教育職、行政職など社会的実務の中核を担いうる人材を組織的に養成します。
  • 博士後期課程:生物学のさまざまな先端的研究を推進する中で、生物の多様性や生物にまつわる諸現象の仕組みの科学的理解のもと、創造性豊かな研究を自立して遂行する能力を有し、生命科学分野の研究・教育の中核を担いうる人材を組織的に養成します。

学びの魅力 基礎から最先端まで多彩なテーマ

生物学専攻では、生物系のあり方の基本原理について、より高度で専門的な教育と研究をめざし、生物の生命現象の基本的な法則を幅広い見地から学ぶと同時に、生物の機能を合理的に利用するための学問や技術の修得を目的としています。「進化・生態学」、「機能生物学」、「人間生物学」の3部門に分かれ、それぞれに博士前期課程と博士後期課程を設置しています。学べる学問分野は多種多彩です。
進化・生態学
  • 山岳域における植生と植物個体群の環境応答(博士前期)
  • 島嶼および人里環境における生物と人の相互作用と保全生物学
  • 生物の形や大きさに関する進化生態学と量的遺伝学(博士前期)
  • 下等魚類の染色体放出に関する分子細胞遺伝学的研究
  • 哺乳類のX染色体の不活性化とエビジェネティクスの解析(博士前期)
  • 脊椎動物の進化史復元ならびに形態多様化研究(博士前期)
  • 行動観察と遺伝解析を用いた動物の生態・社会の研究(博士前期)
機能生物学
  • 植物の環境応答と形態形成に関する研究
  • モデル生物を用いた細胞分化に関する分子遺伝学的研究
  • 発生分化における遺伝子発現動態のイメージング解析(博士前期)
  • 生体防御における種々の調節機構の生化学・分子生物学的研究
  • ホルモンによる両生類変態・生殖活動の制御メカニズムの研究(博士前期)
人間生物学
  • ストレスが脳に及ぼす影響を中心とした神経科学的研究
  • 生体成分・体細胞の変化・異常に関する臨床検査学的研究(博士前期)
  • 血液凝固蛋白質に関する研究
  • 神経変性疾患における凝集体形性やミトコンドリア機能の研究(博士前期)

生物分子科学専攻(博士前期課程及び博士後期課程)

学位: 博士前期課程 修士(理学) / 博士後期課程 博士(理学)

生物分子科学専攻 教育研究の目的

  • 博士前期課程:生命現象を化学的に理解することを目標とした広域な研究を推進する中で、医療や医薬品に関わる分野、化粧品や食品の安全管理や開発、先端的生命科学研究等に携わることができる人材を組織的に養成します。
  • 博士後期課程:生物および化学にまたがる先端的研究を推進する中で、生命科学分野等における創造性豊かな優れた研究・開発能力を有し、多様な研究・教育機関の中核を担いうる人材を組織的に養成します。

学びの魅力 生命現象を分子レベルで探究

生命現象を分子レベルでさらに深く学ぶため、「分子生物学」「分子生理学」「分子科学」「分子医学」の4部門で博士前期課程と博士後期課程を設置しています。各部門とも自主的な実験とともに、その裏付けとなる演習を重視しています。設備も充実しており、部門間の交流も活発で、大学院生は教員と一体になって研究の活性化に貢献しています。
分子生物学
  • 免疫反応制御の分子機構
  • 脂質の機能と生合成調節機構
  • 細胞増殖機構
  • 神経発生と神経変性の分子機構
  • 環境因子による免疫応答制御の分子機構
分子生理学
  • 集光性色素タンパク質の構造と励起エネルギー移動 
  • 色素細胞の分化・増殖・アポトーシスと皮膚の組織恒常性
  • 植物遺伝子の構造とその発現調節機構
分子科学
  • タンパク質の3次元構造と機能の相関
  • 細胞機能を制御するプローブ分子の設計と合成
  • 生体分子と相互作用する機能性分子の開発
  • レーザー分光法によるタンパク質の機能解析
  • 構造生物科学:酵素の基質認識と反応機構を明らかにする
分子医学
  • アポトーシス細胞を取り込んだ生体の応答
  • 自然免疫応答における好中球の新たな役割の解明と老化との関わり

物理学専攻(博士前期課程及び博士後期課程)

学位: 博士前期課程 修士(理学) / 博士後期課程 博士(理学)

物理学専攻 教育研究の目的

  • 博士前期課程:物理学の先端的学際的研究を推進する中で、自然科学に対する基本的な知識および考え方、問題解決能力を涵養し、社会的実務の中核を担いうる人材を組織的に養成します。
  • 博士後期課程:物理学の先端的学際的研究を推進する中で、卓越した問題設定・解決能力および実践的な指導能力をもち、多様な研究・教育機関で中核を担いうる人材を組織的に養成します。

学びの魅力 社会に貢献できる人材を育成

目覚ましい発展を続けている新しい産業科学技術の研究開発分野で、実践的な指導能力を身に付けた人材を育成し、その能力を社会に貢献させることを目的としています。国際的にも活躍している教授陣を揃え、「基礎物理学」「物性物理学」「応用物理学」の3部門で博士前期課程と博士後期課程を設置しています。大学院生と教員の距離が近い少人数教育、理学系私大でトップクラスの設備や装置も本専攻の特長と言えます。
基礎物理学
  • 低次元伝導体の金属-非金属転移
  • 超伝導体を含む分子性伝導体の物理
  • 観測的宇宙論、銀河・銀河団の形成、電磁波の多波長観測
  • 数値相対論、ブラックホール、中性子星、重力波
  • ニュートリノ振動実験(OPERA)
  • ボトム粒子に現れるCP対称性の破れ(Belle)
  • ストレンジネスを含む原子核(E373,E07)
  • 全天監視高精度高視野望遠鏡による宇宙線観測(Ashra)
物性物理学
  • 超高感度、超高分解能レーザー分光法
  • レーザー分光法による原子および原子核の研究
  • レーザー冷却
  • フラストレーション系・量子スピン系 ・強相関電子系
  • 単分子磁石ネットワーク
  • MBE,スパッタによる磁性多層膜の作製と磁気的性質の研究
  • 強磁場中の電子輸送理論(量子ホール効果等)
  • 不規則電子系の輸送理論
  • スピントロニクスの理論
応用物理学
  • 金属中における水素の拡散、透過
  • 電子線及びX線励起による固体表面物性
  • 走査型プローブ顕微鏡による固体表面観察
  • 電子衝撃による原子・分子の励起状態の生成と緩和
  • 質量分析装置の開発

情報科学専攻(博士前期課程及び博士後期課程)

学位: 博士前期課程 修士(理学) / 博士後期課程 博士(理学)

情報科学専攻 教育研究の目的

  • 博士前期課程:広範な内容を持つ情報科学分野において、数理をベースとした理論的な研究ならびに応用を志向した実用的研究を幅広く推進する中で、高度化が著しい情報処理技術に携わる有為の人材を組織的に養成します。
  • 博士後期課程:新時代を画する情報科学理論を創造できる人材、優れた研究・開発を行う能力をもち、多様な研究・教育機関の中核を担いうる人材の養成を行い、社会の発展に資します。

学びの魅力 基礎から応用までを徹底指導

「情報科学」の1部門を置き、博士前期課程と博士後期課程を設置しています。情報科学の基礎教育に重点を置き、確実に基礎理論をマスターすることで、時代に左右されない応用技術を身につけられるようなカリキュラム編成を行っています。PCやワークステーションによるネットワークシステムを使った計算機教育に力を入れるほか、各分野で活躍する研究者による特別講義も開講。特別研究にも最も重点を置いています。
情報科学
  • 関数解析的手法による情報数学
  • 数理計画法
  • ディジタル信号処理
  • インターネットと大量データ処理
  • 組合せデザイン、暗号理論
  • 神経回路と生体情報
  • コンピュータグラフィックス
  • 音楽情報および画像情報の処理と認識
  • 統計学を用いたデータ解析
  • 視覚情報処理と可視化(博士前期)
  • コンピュータネットワーク
  • 数理モデルによる音声情報処理
  • 医学情報処理
  • 位相幾何学、葉層構造論(博士前期)
  • 代数学、計算代数
  • 集合値解析および非線形解析
  • 生物情報ネットワークの構造と情報解析(博士前期)
  • 解析的整数論、ディオファントス近似論(博士前期)
  • 金融工学と数理フャイナンス(博士前期)
  • 暗号の応用とネットワークセキュリティ(博士前期)
  • エージェント技術と社会デザイン (博士前期)

環境科学専攻(博士前期課程及び博士後期課程)

学位: 博士前期課程 修士(理学) /博士後期課程 博士(理学) 

環境科学専攻 教育研究の目的

  • 博士前期課程:環境科学の広範な学際的研究を推進する中で、自然と社会を包括した生命圏環境の分析、変化予測、保全、修復、創成に携わる有為の人材を組織的に養成します。
  • 博士後期課程:自然と社会を包括した生命圏環境の変化予測、保全、修復、創成についての独創的な研究を推進する中で、創造性豊かな優れた研究・開発能力を有し、多様な研究・教育機関の中枢を担いうる人材を組織的に養成します。

学びの魅力 「自然・生命・人間」の調和をめざして環境を科学する

環境科学専攻では、環境科学に関する学際的研究を推進するために、環境科学、環境生態学、地球環境科学、および環境管理創成科学の四分野の教授陣が、互いに連携を取りながら大学院博士前期課程および博士後期課程における教育研究を展開しています。大学院生は基礎から専門までの系統的な授業に加え、上記四分野を横断する形での複数指導教員体制のもと、双方向性の高い特別研究の遂行および学術論文の作成指導を受けることができます。これらを通して、豊かな教養を身につけた国際的にも通用しうる環境問題のエキスパートを養成します。