大学院

メニュー

理学研究科ディプロマ・ポリシー

【理学研究科のディプロマ・ポリシー】
理学研究科では自然科学の教育研究を通して高度な専門知識に裏打ちされた問題発見・解決能力を涵養し、さらに、自然に対する畏敬の念と謙虚な心をもち、バランスのとれた科学者・技術者として社会を支え、国際社会でも活躍しうる能力を身につけさせることを目的にカリキュラムを設定している。定められた修業年限の中で基準となる単位数を修得し、かつ特定の課題についての修士論文あるいは博士論文の審査および最終試験に合格した学生に、修士(理学)あるいは博士(理学)の学位を授与する。
【学位】 修士(理学)/博士(理学)

化学・生物学・生物分子科学・物理学・情報科学・環境科学専攻

博士前期課程

本課程に2年以上在学して所定の単位を修得し、かつ特定の課題についての修士論文を提出して、その審査および最終試験に合格した者に、修士(理学)の学位が授与される。ただし、優れた研究業績を上げた者については1年以上在学すれば足りるものとし、優れた業績をもって修了に必要な単位数を充足させるものとする。
「修士(理学)」を授与される者は、以下のような能力を有する。
  1. 理学の専攻分野における高度な専門知識を有し、それらに裏打ちされた問題発見・解決能力を身につけており、技術職・教育職・行政職など社会的実務の中核を担うことができる。
  2. 自然に対する畏敬の念と謙虚な心をもち、バランスのとれた高度職業人として社会を支えうる能力をもつ。

博士後期課程

本課程に3年以上在学して所定の単位を修得し、かつ特定の課題についての博士論文を提出して、その審査および最終試験に合格した者に、博士(理学)の学位が授与される。ただし、優れた研究業績を上げた者については、前・後期あわせて3年(前期課程に2年以上在学し、当該課程を修了した者にあっては、後期課程における2年の在学期間を含む)以上在学すれば足りるものとし、優れた業績をもって修了に必要な単位数を充足させるものとする。
「博士(理学)」を授与される者は、以下のような能力を有する。
  1. 理学の専攻分野における創造性豊かな研究・開発能力を有しており、自ら問題を発見して自立して研究を遂行し、その成果を発信することができる。
  2. 科学的な知識や思考方法を他者に指導できる能力をもち、多様な研究・教育機関の中核を担うことができる。
  3. 自然に対する畏敬の念と謙虚な心をもち、バランスのとれた科学者・研究者として社会を支え、国際社会でも活躍しうる能力をもつ。