理学部生命圏環境科学科

メニュー

湖沼生態学研究室

研究室紹介

 湖や池には鳥や魚、プランクトンなど多様な生物が生息しています。当研究室では、これら生き物の生き様を探り、水中の世界への理解を深めます。また、食う食われるの関係を明らかにすることで、リンや窒素などの物質循環の過程を明らかにします。さらには、人間生活が湖沼生態系に与える影響も明らかにし、その保全に貢献することを目指しています。プランクトンの和訳は浮遊生物。研究にも「遊び」の心を忘れないよう、常に好奇心を持ち続けることを志しています。

研究テーマ

● 淡水生物の個体群・群集動態の動態解析
   プランクトンの生態解明
   ツボカビを介した物質流の解明
   水草オニビシが水質と生物に与える影響

● 湖沼の食物網動態・物質循環の解析
   印旛沼の食物網解析

● 環境変化に伴う湖沼生態系変遷の解明
   印旛沼生態系の変遷解析

研究室サイトへのリンク

担当教員

鏡味 麻衣子 / 准教授

略歴

東京都立大学理学部生物学科 卒業
京都大学大学院 理学研究科博士後期課程(生物科学専攻)修了
日本学術振興会特別研究員 PD(京都大学生態学研究センター、北海道大学大学院地球環境科学研究院、オランダ生態学研究所)
日本学術振興会海外特別研究員(オランダ生態学研究所)
2006年9月より東邦大学理学部生命圏環境科学科 講師を経て、2012年より同 准教授
2011年4月より千葉大学理学部客員准教授

専門分野

陸水生態学

研究業績

担当科目

・湖沼生態学
・保全生態学
・基礎生物学
・基礎生物学実験
・環境科学体験実習

学生の皆さんへのメッセージ

 研究には「知力・体力・気力」の3つの力が必要ですが、知力や体力に自信がなくても、「気力」が十分あれば、なんとかなります!「やる気」があり、チャレンジ精神旺盛な学生さんと一緒に研究ができることを楽しみにしています。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110