理学部

メニュー

学部の特色・目的

人材の養成に関する目的/教育研究上の目的

〔人材の養成に関する目的・教育研究上の目的〕
建学の精神である「自然・生命・人間」のうち、自然を中核においた教育・研究を実施しています。自然科学の学修を通して、科学的思考方法を身につけ、問題発見・解決能力を養うことを目指します。さらに「生命(いのち)の科学で未来をつなぐ」という本学が目指す道に沿って、常に人間と自然の融和を視点に置き、自然に対する畏敬の念と生命への尊厳への自覚と謙虚な心を原点として教育・研究を進めます。これにより、専門の知識と均整のとれた豊かな人間性をあわせ持つ人材を養成することを目的とします。
〔教育研究上の目的〕
上記のような人材育成の目的のもとに、理学部を構成する6学科はその専門分野の立場から、理学の理論と応用を教育し、研究を進めます。教養教育も重視することにより、各分野の専門知識を適切に応用する判断力を備えた教養ある有為の科学者・技術者を育てます。研究においても、基礎および先端的な学術研究を推進し、社会の発展に寄与することを目的とします。
このような教育研究目的を達成するために、具体的な行動目標は次の通りです。
  1. 基礎学力:自然科学の専門分野における基礎学力やスキルの習得
  2. 科学的素養:科学的思考力や情報検索力、判断力などの涵養
  3. 問題発見・解決力:卒業研究等のプロジェクト型少人数演習授業の充実と早期化
  4. 社会人力:一般教養、人間性、倫理観、コミュニケーション能力などの涵養

学生と教員の"対話"を通して科学の視点で考える力を養う

理学部6学科では各分野の基礎から応用までを講義・演習・実験実習を通してバランス良く指導します。研究室を中心に教員と学生が深く関わりながら教育・研究を進め、問題解決能力を養っていくところが大きな特徴です。また、本学医学部や薬学部、外部研究機関との連携による教育・研究にも積極的に取り組んでいます。

修得すべき知識と能力・教育の魅力

基礎から応用に対応した学科編成

基礎から応用に対応した学科編成

自然科学は自然現象を探求する学問ですが、今やその領域はさまざまに分化しています。数学、物理学、化学、生物学などの基礎的な学問分野だけでなく、その枠組みを越えて相互に影響を与え合うことで生まれた学際的な学問分野が大きな注目を集めています。理学部ではこのような状況に対応して、基礎的な自然科学を対象とする化学科、生物学科、物理学科の3学科と、より応用に近い分野を対象とする生物分子科学科、情報科学科、生命圏環境科学科の3学科を設置しています。自然科学の土台を支えながら、最先端分野の発展に貢献する人材の育成を実践しています。

充実した教員陣による親身な指導

理学部は伝統的に学生と教員が深い信頼関係を築いています。親密なコミュニケーションをとれる雰囲気の中で学習・研究に取り組めるので、学生は効果的に知識や技術を身につけることができます。特に、卒業研究で配属される研究室では担当教員と接する機会も多く、自然科学に対する考え方や研究に取り組む姿勢を肌で感じることができます。また、教員も知識・技術を教えるだけではなく、学生が自分たちで考え、進んで問題解決にチャレンジできるように、学生一人ひとりの個性や自主性を尊重し指導しています。

他学部・外部研究機関との積極的な連携

現在の自然科学はさまざまな学問領域が融合することで急速な発展を遂げています。そのため、理学部では基礎科学の分野だけでなく、環境科学、物質科学、エレクトロニクス、バイオテクノロジー、医学、薬学など他の学問分野と連携した教育・研究も手がけています。特に、自然科学系総合大学である利点を生かし、医学部・薬学部・看護学部との共同研究などを積極的に行っていることは大きな特色となっています。外部の教育・研究機関との連携もあり、学生は最先端分野の研究に触れることができます。

最先端の研究に対応した設備環境を実現

最先端の研究に対応した設備環境を実現

自然科学の分野において実験や演習・実習に使用する施設・設備・機器の充実は欠かせません。理学部では各学科における最先端の研究テーマを扱えるように最新の設備や機器を導入し、十分に学習・研究に取り組める環境を整えています。各学科には第一線で活躍する研究者や技術者が使用するような高機能の機器も数多く設置され、他大学や企業、研究機関と比較しても有数のハイレベルな研究環境を実現しています。これには、学生が卒業後、就職先で使われている最新の機器などにスムーズに対応できるというメリットもあります。

学科の教育目的

化学科

豊かな人間性に裏打ちされた有為の人材を社会に輩出するための基礎的教育を行います。無機・分析化学、有機化学、物理化学を基礎的内容の三本柱とし、それぞれ講義・演習・実験の連携による効果的な学習によって、化学の知識と技能を習得します。さらに、それらの基礎的知識を活用して、直面する課題に柔軟に対応できる能力、論理的に思考して魅力ある発表ができ、他者とコミュニケーションがはかれる能力を涵養します。

生物学科

生物を通して自然を理解し、生物と環境の双方に適切な意見を有する、「科学する能力」を育てます。系統分類学、遺伝学、生理生化学、発生学を基盤に、分子生物学や環境保全などの新しく発展している分野も取り込んだ総合的な生物学の教育を実践し、最新の生命科学の知識と、動植物に共通する法則や原理を実証する数理・物理的手段としての基礎知識をあわせ持つ、次世代の生物学を先導する人材を育成します。

生物分子科学科

自然・生命に対する畏敬の念をもち、「生命現象を化学の言葉で語る」ことのできる研究者や技術者の育成を目指します。講義・演習・実験・実習を通して化学および生物学の確かな基礎知識を身につけさせ、それらを活用するスキル、論理的に思考して自己の考えを表現し、他者との会話ができる技術も修得します。直面する問題に柔軟に対応して解決できる能力をもち、豊かな人間性に裏打ちされた人材の輩出を目標に、バランスのとれたカリキュラムを用意して教育・研究に取り組みます。

物理学科

自然の仕組みを物理的思考から深く理解し、自然に対する畏敬の念をもち、科学および社会の発展に貢献できる人材の育成を目指します。物理学の基本的な知識と方法を十分に身につけさせ、さらに実践的な問題解決能力と柔軟な思考力、科学者・技術者としての倫理性、自然・生命・人間を守る態度、人に信頼されリーダーシップのとれる豊かな人間性、国際性、創造性、高いコミュニケーション能力を涵養します。

情報科学科

常に人間の視点に立って社会貢献できる人材の育成を目指します。講義・演習・実験・プロジェクト教育を通じた指導により、情報科学の基本的な理論と技術、ならびに、現象を科学的、論理的、かつ数理的に分析・理解して問題を解決できる能力を身につけさせ、変化する社会における情報科学の多様な応用場面に対して、十分に対応できる技術者・科学者を育成することを目的とします。

生命圏環境科学科

人類が直面している環境問題の解決に取り組み、持続性のある社会の構築に貢献できる人材を社会に輩出するための基礎教育を行います。自然科学の重要事項の理解、人文・社会科学的視点の涵養、科学的思考力やコミュニケーション能力の向上を図り、その上で、地球科学、環境生態学、環境化学、環境管理創成科学分野の、より専門的な教育を行うことにより、豊かな人間性をもって各方面で意欲的に活躍できる人材を育成します。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110