理学部化学科

メニュー

佐々木要准教授らの論文“β-Stereoselective mannnosylation using 2,6-lactone”が,JACS Young Investigator Virtual Issueに選ばれました.


生物有機化学教室 佐々木要 准教授らがアメリカ化学会から刊行されている論文誌
Journal of the American Chemical Society* に発表した論文“β-Stereoselective mannnosylation using 2,6-lactone” が,JACS Young Investigator Virtual Issue に選出されました.
これは
2016-2017期に発表された2,300報余りの論文のなかから,若手研究者の執筆した22報が選ばれて編纂されたものでオンライン特集号として公開されています

発表内容は
プレスリリースをご覧ください
 
* Google H5-Indexで総合第7位,化学・材料化学部門第2位の論文誌.


【 ジャーナル共同編集者のコメント 】

この論文では選択的なβ-マンノシル化の新たな方法について述べている
この新たな方法を使えば炭水化物化学において長いこと解決できずにいた課題を解決できる.2,6-ラクトン部分をもつ供与体を使うことで,1,2-シス-β-グルコシル化が可能となりその結果天然に多く見られる炭水化物の構造モチーフを作り出すことができるようになる.

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823 【学部長室】
TEL:047-472-7110