理学部化学科

メニュー

クラウンエーテルとは

クラウンエーテルは環状のポリエーテル(エーテル単位がいくつかつながったもの)の総称で、今から約45年ほど前にアメリカの民間企業の研究者によって偶然に発見されました。クラウンエーテルという名前は、その分子構造が王冠に似ていることから発見者のペダーセン(Pedersen)さんによって名づけられました。クラウンエーテルの構造をよく見てみると、外側は親油性で、内側は親水性であることがわかります。クラウンエーテルはこの構造を利用して、アルカリ金属イオンや遷移金属イオンなどの様々な金属イオンをその“穴”に閉じ込めることができます。発見者のペダーセンさんは1987年にクラウンエーテルの発見によってノーベル化学賞を受賞しました。
クラウンエーテルの構造
図の解説
(左)代表的なクラウンエーテルの一つ18-クラウン-6の構造
(中)18-クラウン-6の空間充填モデル
(右)18-クラウン-6の静電ポテンシャルマップ。電子に富んでいるところ(親水性のところ)は赤で、中性(親油性)のところは緑色に色づけられている。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823 【学部長室】
TEL:047-472-7110