理学部生物分子科学科

メニュー

生物分子科学専攻

生命現象を分子レベルで深く探る3部門

 生物分子科学専攻では,生命現象を分子レベルでさらに深く学ぶため、「分子科学」「分子生物学」「分子医学・生理学」の3部門で修士課程と博士課程を設置しています。各部門では、自主的な実験と共に、その裏づけとなる演習を重視しています。主な研究内容は次の通りです。

分子科学部門

タンパク質の3次元構造と機能の相関
細胞機能を制御するプローブ分子の設計と合成
生体分子と相互作用する機能性分子の開発
レーザー分光法によるタンパク質の機能解析
構造生物化学:酵素の基質認識と反応機構を明らかにする

分子生物学部門

免疫反応制御の分子機構
細胞増殖機構
脂質の機能と生合成調節機構
神経発生と神経変性の分子機構
環境因子による免疫応答制御の分子機構

分子医学・生理学部門

色素細胞の分化・増殖、アポトーシスと皮膚の組織恒常性
植物遺伝子の構造とその発現調節機構
自然免疫応答における好中球の新たな役割の解明と老化との関わり
組織構築・再構築の機序の解明
睡眠覚醒制御の分子機構

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110