理学部生物分子科学科

メニュー

大学院研究発表会 発表者用案内

2017年度 大学院研究発表会要旨提出および発表会について

追加や修正を赤字で示しています。

修士論文

  • 本文はA4用紙にワードプロセッサーを使用して作成する。
  • マージンは上下4 cm、左3.5 cm、右2.5 cm程度とし、文字サイズは、12 pointを基準とする。
  • 最初のページには、研究題目、研究室名、学番、氏名を記入し、表紙とする。
  • 理学部教務係への提出:(修士論文)2018年1月31日(水)16時まで (大学院掲示板を確認のこと)。副審査員分のコピーも作成して教務係へ提出する。 

要旨集掲載用の要旨 (教務係への提出用と異なるので注意)

  • タイトルは指導教員がまとめて担当者(内田)に、2018年1月12日(金)までに連絡することになっている。外研の場合には内部担当教員に1月11日(木)までに伝えておくこと。
  • 要旨作成見本を参照にして、A4判用紙(縦)2枚に、研究の概要が分かるようにまとめる(例えば、目的・方法・結果・考察などに分ける。図表を有効に使う)。
  • 指定された枠内(要旨作成見本参照)に納める。ただし、枠線は書き込まないこと。
  • 左上の5 cm x 3 cmの部分には発表番号を印刷するので、必ず空欄にすること。
  • 文字サイズは、10 – 12 pointを基準とする。
  • (1) プリントアウトしたもの、(2) ファイル(MS Word)を提出する。ファイル名は『学番・氏名』とする。MS Word 以外のワードプロセッサーを使用する場合は、内田・塚田へ相談のこと。
  • 白黒印刷となるため、図表や写真を入れる場合はカラー不可。
『提出期限』:2018年1月19日(金)正午 。
『提出場所』:理学部Ⅳ号館2階 4213室 塚田まで。


(要旨様式)
A4版縦、上下各1.5 cm、左右各2.0 cm の余白をとる。一枚目は、見本のように左上に5 cm x 3 cmの余白を作り、表題、所属、指導教員、氏名を記載する。要旨本文の形式は自由だが、見本の通り、目的、方法、結果、考察を記載するのがわかりやすい。図表も含め、2枚に記載すること。

発表会

  • 日時;2018年2月8日(木)、9日(金)
  • 場所;理学部 Ⅲ号館405教室 
  • 形式;口頭発表 修士:発表15分、質疑応答4分 博士:発表30分、質疑応答10分
  • 原則としてPCによるプレゼンテーション(学科PCはパワーポイント必須)。
  • 学科のPC(Macintosh、Windows両方用意)を使用する場合は、事前にデータを保存して動作確認しておく。動作確認:2018年2月7日(木)、15時から17時に405教室で確認が可能。各自のPCを持ち込む場合も、実際の教室で動作確認しておく事が望ましい。都合でその日に動作確認ができない場合は、内田または塚田まで連絡のこと。
    発表に動画を用いる学生は、学科の PCでは動作しない場合もあるので、各自のPCを持ち込むことを薦める
不明な点は大学院発表会担当、内田(2205号室)または塚田(4213号室)まで

2日9日の発表会終了後に4250・4260教室で打上げを行うので、大学院修了者は必ず参加すること。
(審査が早く終わった院生には、準備をお願いする。)

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110