プレスリリース

メニュー

プレスリリース 発行No.776 平成29年5月11日

東邦大学医療センター大森病院 医学公開講座開催
「うつ病について」

東邦大学医療センター大森病院(大田区大森西)では、一般の方を対象とした医学公開講座「うつ病について」を下記の通り開催します。

日時 2017年5月27日(土)13:00-14:30 (開場12:30)
場所 東邦大学医療センター大森病院 5号館 地下1階 臨床講堂
定員、その他 120名 予約不要、受講料無料 当日会場へ直接お越しください。

講演者

東邦大学医療センター大森病院心療内科 端詰勝敬 教授

講演概要

 うつ病はこころの風邪と言われているように、メンタル系の中でも頻度の高い病気です。7人に1人は生涯のうちのどこかでうつ病にかかるといわれています。
 うつ病の症状は多彩で、意欲がわかない、やる気が出ない、落ち着かないなどの精神症状のほかに、体がだるい、食欲がない、眠れないなどの身体症状も現れます。実際にうつ病に罹患すると本人の苦痛は強く、仕事、家事、学業などの日常生活に支障が生じます。近年は、効果が高く副作用の少ない治療薬が開発されていますが、どんなに良いお薬があっても、適切な休養と周囲の理解・サポートがないと十分な治療効果が得られないことがわかっています。本講座では、うつ病の概要、原因、治療を講義するとともに、周囲に求められるサポートの方法についても具体的にお伝えしたいと思います。

以上

公開講座に関するお問合せ

東邦大学医療センター大森病院総務課
〒143-8540 大田区大森西6-11-1
TEL: 03-3762-4151 [月~金]9:00-17:00 まで