プレスリリース

メニュー

プレスリリース 発行No.497 平成26年4月1日

東邦大学医学メディアセンターと医学中央雑誌刊行会との業務連携による新「診療ガイドライン情報データベース」リリースのお知らせ

この度、東邦大学医学メディアセンター(医学メディアセンター)と特定非営利活動法人医学中央雑誌刊行会(医中誌刊行会)とは、診療ガイドライン情報の作成・公開に関する業務連携について基本合意書を交わすこととなりました。
これまで医学メディアセンターで公開していた診療ガイドライン情報は、2014年4月1日9時より新サイト「東邦大学・医中誌診療ガイドライン情報データベース」(http://guideline.jamas.or.jp/)へ移行します。新サイトは、各情報についてのより詳しい分類の付与、検索インターフェースの向上、同時アクセス数制限もなくなり、より使いやすいサイトとなります。なお、新サイトの利用は、これまでの通り無料です。 
医学メディアセンターと医中誌とは、日本の医学情報サービスの発展に貢献できるよう、今後もこの業務連携を進めてまいります。

■ 診療ガイドラインとは
診療ガイドラインとは医療者と患者が特定の臨床状況で適切な判断を下せるよう支援する目的で、体系的に作成された文書です。 主に各学協会が作成していて、書籍や雑誌等の印刷版のみならず学会のホームページ等Web上で公開されているものもあります。
  また、最近では医師と患者との対話・「インフォームドコンセント」が重要視され、医師と患者との関係が変化してきています。その流れを受けて、医師向けのみならず一般市民向けのガイドラインの解説書も登場してきています。
■東邦大学の診療ガイドライン
東邦大学医学メディアセンターではその重要性にいち早く着目し、1999年より診療ガイドラインの収集を始めました。2001年7月には「どのような診療ガイドラインがあり、どこに掲載されているのか」という情報を、リストとしてホームページで公開しています。これまで多くのメディアで取り上げられるなど、社会でも注目されている取り組みです。
 2014年3 月現在、1000 以上のガイドラインや治療指針の情報があります。疾患ごとに情報を調べることができ、ガイドラインが掲載されている図書・雑誌や学会ホームページを知ることができます。また、今回のリニューアルにより、情報についてのより詳しい分類の付与、検索インターフェースの向上、同時アクセス数制限もなくなり、より使いやすいサイトとなります。 公開されている診療ガイドラインの電子版は一般の方でも自宅から利用できます。書籍版は東邦大学医療センター大森病院内の「からだのとしょしつ」にて一般に公開していますので、ぜひご利用ください。

【お問い合わせ先】
東邦大学 医学メディアセンター 児玉 閲
〒143-8540東京都大田区大森西 5-21-16 TEL:03-3762-4151 (内2441) FAX:03-3764-1642