プレスリリース

メニュー

プレスリリース 発行No.458 平成25年9月9日

第56回東邦大学薬学部公開講座
うつ病-うつ病になってしまったら、うつ病にならないために-

東邦大学薬学部(船橋市三山・習志野キャンパス)では、第56回東邦大学薬学部公開講座を次のとおり開催します。

 薬学部では、一般の方を対象に「薬と健康の知識」をわかりやすく伝えることを目的に、1985年から定期的に公開講座を開催しています。今では一般の方のみならず、地域の薬剤師に対する生涯教育の場としても大きな役割を果たしています。
 うつ病をはじめとする精神疾患は、発症メカニズムについて未だ不明な点が多いことから、様々な誤解があるのが現状です。うつ病においては、「“個人の心の弱さに原因がある”と未だに理解されていること」(実は、遺伝的な“なりやすさ”がある)や、「“うつ病”と“躁うつ病”が混同されている」など、様々です。
 本公開講座では、「うつ病」という精神疾患に基礎研究と臨床研究の両側面から迫り、理解を深めます。その上で、うつ病にならぬよう“避ける”ために、またはなってしまったらどのように“向かい合う”のか、適切な対応について考えます。

「うつ病-うつ病になってしまったら、うつ病にならないために-」

■日 時:2013年10月5日(土)   13:30~16:30

■場 所:東邦大学習志野キャンパス (船橋市三山2-2-1)

■参加申込不要、参加費無料     ※その他:手話通訳あり

講演タイトル・演者

◆演題1 「 うつ病の薬物治療の基礎知識 」
吉尾 隆 氏
(東邦大学薬学部 臨床薬学研究室/教授)

◆演題2 「 うつ病発症における遺伝的要因と環境的要因の関わり 」
鍋島 俊隆 氏
(名城大学薬学部 地域医療薬局学講座/特任教授)

◆演題3 「 うつ病の知識と対応 」
野村 総一郎 氏
(防衛医科大学校病院/病院長)

【お問い合わせ先】
東邦大学 習志野学事部 入試広報課
〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666
FAX:047-479-5661
E-mail:nyskou@sci.toho-u.ac.jp