プレスリリース

メニュー

プレスリリース 発行No.326 平成24年3月16日

国際生物学オリンピック2012 シンガポール大会 
東邦大学理学部 日本代表高校生に特別教育

2012年3月26日(月)~29日(木)、5月3日(木)~6日(日) 東邦大学理学部において、国際生物学オリンピック2012シンガポール大会に出場する日本代表の高校生6名を対象に、本選に向けた特別教育を行います。東邦大学における特別教育は2005年に続き2度目であり、生物学へのさらなる理解の向上を目的に、本学理学部の生物学科・生物分子科学科の教員が実施します。
 国際生物学オリンピックは、1990年から毎年行われている高校生を対象とした国際大会で、各国の代表が生物学の理論問題および実験問題への取り組みを競うものです。日本は 2005年の北京大会から参加しており、その後も着実に成績を上げ、昨年には過去最高の成績(金メダル3個、銀メダル1個)を収めました。その成績を後押ししたのが、同オリンピック日本委員会と日本代表の在籍校、そして国内から選抜された大学や研究所が連携して行っている特別教育と呼ばれる強化合宿です。
 本学理学部は、日本が国際生物学オリンピックに初参加した2005年度以来、今回で2度目の特別教育担当となります。生物学科と生物分子科学科の教員が実行委員会(委員長:大島 範子 教授)を組織し、万全の態勢で日本代表をサポートします。本教育では、国際生物学オリンピック2012シンガポール大会で実施される実技試験の課題(植物の多様性、解剖学と生理学、動物機能形態学と生態学、分子細胞生物学、微生物学と生化学)に対応した講義と実験実習を2回(3月と5月)に分けて行い、さらなる生物学への理解を促します。

国際生物学オリンピック2012 シンガポール大会 特別教育

【実施期間】 3月26日(月)~29日(木)、5月3日(木)~6日(日)

〔東邦大学理学部国際生物学オリンピック特別教育実行委員会〕
委員長   :大島範子 教授
事務局長 :長谷川雅美 教授
事務局次長:藤崎真吾 准教授
委員    :西川輝昭 教授、丹羽和紀 教授、蓮沼至 講師、佐藤浩之 准教授、
       曽根雅紀 准教授、後藤勝 講師
3月の特別教育では、以下の講義と実験実習が行われる予定です。
  • 生化学 SDS/PAGE電気泳動およびカラムによるたんぱく質精製  (後藤勝 講師)
  • 植物生理学  (佐藤浩之 准教授)
  • 動物行動学・生態学 行動観察データの統計処理  (長谷川雅美教授・曽根雅紀 准教授)
5月の特別教育では、動物の機能形態と組織、細胞数のカウントおよび細菌のグラム染色、酵素活性の測定、植物生理学などの実習が行われる予定です。

【お問い合わせ先】
東邦大学 経営企画部 広報担当       森上 需
〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1   E-mail: press@toho-u.ac.jp
TEL/FAX:047-472-1159    M Phone: 090-8722-8471