プレスリリース

メニュー

プレスリリース 発行No.023 平成20年11月7日

東邦大学理学部公開講座開催

東邦大学理学部(船橋市三山)では、下記のとおり公開講座を開催いたします。

日 時:2008年11月29日(土) 13:00~16:00
場 所:東邦大学習志野キャンパス   ※参加費無料、申込不要
   前半では、地球温暖化問題に対する理解を深めることを目的に開催している「どうなる?どうする!地球温暖化」シリーズの第3回目として科学編を開催いたします。
 地球温暖化問題を食い止めるための手段、温暖化ガスの地中封入技術の可能性や課題について、またエネルギー開発におけるメタンハイドレートと温暖化の関連について、本学教員がわかりやすく解説します。
理学部公開講座

時 間:13:00~14:30
テーマ:「どうなる?どうする!地球温暖化(科学編)」
     1.温暖化ガスの地中封入の可能性
       金田博彰 教授
       東邦大学理学部生命圏環境科学科
     2.エネルギー問題とメタンハイドレート
       山口 勉 教授
       東邦大学理学部生命圏環境科学科

また、後半では、コンピュータグラフィックスに携わる研究者にとって最高の賞であるスティーブンA.クイーンズ賞受賞者である、カリフォルニア大学のネルソン・マックス博士をお招きし、講演をおこないます。

時 間:14:45~16:15
テーマ:「科学を見せるCGとリアルに見せるCG」 ※日本語講演
      ネルソン・マックス博士  カリフォルニア大学デービス校

【お問い合わせ先】
東邦大学 習志野学事部 入試広報課
 〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
 TEL:047-472-0666  FAX:047-479-5661