薬学部

メニュー

薬品製造学教室

所属教員

スタッフ名 主な担当
東屋功/教授 基礎化学、薬化学II、医薬品合成化学II、化学系実習I
氷川英正/准教授 構造活性相関、化学系実習I
吉川晶子/助教  

生体を模倣し、薬理活性物質・機能性材料の設計、新規反応開発へ

薬品製造学教室では、「分子の立体構造」と「分子間に働く相互作用」に着目して、次に挙げた分野について研究を行っています。

《研究分野》
  • 機能性材料の創製
  • 新規反応の開拓
  • 医薬品候補化合物の合成
  • 生理活性物質の合成
  • 分子認識分子の合成

学生から見た研究室

私の研究では、アミノアルコールを扱っていますが、アミノアルコールは風邪薬の成分や、高血圧の治療薬に見られる構造です。私はこの構造を持った化合物の簡便で効率的な合成法、さらに、安全な医薬品を提供するための不斉合成法を研究しています。不斉合成がなぜ安全な医薬品につながるのか・・・それは皆さんが薬学部に来て学んでください。
この研究室では毎日新しい方法で誰も作ったことのないものを合成しています。合成は料理と似ていると私は思っています。材料を選び、調理方法を考え、そこに色々なものを足したり引いたりしながら目的物を作っていきます。思い通りの形にならなかったり、形にはなっても薬としての活性が出なかったり、うまくいかない事の方が多いです。しかし、自分の手で世界中にアピールできる新しいものを作り出すことができるかもしれません。ですから、良いものができた時の喜びは大変大きなものですし、そのために皆頑張っています。
卒業研究生も忙しい授業の合間に熱心に通ってきます。皆まじめですが研究ばかりというわけではなく、フットサル大会などのイベントも目一杯楽しみます。研究室の扉は常に開け放たれ、聞こえてくる笑い声、明るく和やかな雰囲気に他の研究室からも自然と人が集まってきます。とても居心地のいいところです。
お問い合わせ先

東邦大学 薬学部

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1217
【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1226
【学部長室】
TEL:047-472-1205