薬学部

メニュー

生化学教室

所属教員

スタッフ名 主な担当
髙橋良哉/教授 生化学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生命科学Ⅰ・Ⅱ、生化学実習、薬学総合講義Ⅳ
大寺恵子/助教 生化学実習

老化および老化関連疾患の発症とその制御

私達は老化速度に関わる要因(遺伝子、栄養など)を「モデル動物」を使用し研究しています。また、中高齢者の健康の維持・増進を意識した「食餌制限実験」を行っています。主な研究内容は以下の通りです。
 
研究内容
老化速度に関わる要因
・ 老化促進モデルマウス(SAM)の促進老化機構
・ 加齢に伴う遺伝子発現低下機構
・ 酸化傷害タンパク質蓄積
・ 鉄蓄積
 
中高齢期からの食餌制限の有益作用とリスク 
・ 腎機能(アルブミン尿症)改善機構
・ 加齢性筋肉減弱症(サルコぺニア)への影響
・ 異常タンパク質(酸化、糖化、脂質過酸化物修飾体など)の蓄積への影響
 
 詳しい内容は「生化学教室」研究室ホームページをご覧ください。

教員からのメッセージ

髙橋 良哉 教授
老化は、成熟期以後に時間の経過とともに個体の機能が徐々に失われ、遂に死に至るまでの過程です。近年、若い時の食事などの環境の影響が老化の進行や寿命に影響することが動物実験で知られるようになってきました。このことは、老化は決して年をとってからだけの問題ではないことを意味しています。老化は私達が考えているよりとても多様で複雑な現象です。未知なることが多い老化ですが、それ故にその魅力にひかれ長年に渡り老化研究を続けています。私達の研究成果が学術研究面のみならず、応用実践面においても社会に貢献できるよう今後も努力していきます。

〈卒業研究や大学院における研究活動〉

「老化および老化関連疾患の発症とその制御」を主テーマとした研究を行います。食事のカロリーや栄養素が、加齢に伴って異常化した酵素やタンパク質の組織蓄積に与える影響について、マウス、ラットを用いた基礎研究を行います。また、老化促進モデルマウスSAMP8系で見出した様々な遺伝子変異について老化促進現象やSAMP8系マウスの特性である学習記憶障害との様々な関係について研究を行います。

学生から見た研究室

学生から見た研究室

私は生化学教室の卒業生の何名かと所属していた部活が同じだったので、その先輩方に生化学教室はどのような雰囲気かと聞いたことがあります。その時先輩方は、生化学教室は良いところだ、入ってよかったと皆が言っていました。今自分が生化学教室に入ってみて、良いところだと同じように感じています。研究内容はとても興味深いです。これからの生化学教室での生活が楽しみです。(M.Y. 5年)

どこの研究室かによってスタイルは様々ですが、ここはゆったりした雰囲気で居心地のいい研究室です。初頭にセミナーがあり、基礎になる知識を身に付けてから研究に向かうことができます。研究はこれからですが様々な経験を通して生命について学び、薬剤師として、科学者として社会に出ていくときの資本にしていきたいと楽しみにしています。(Y.Y. 5年生)

老化は歳を重ねるにつれて、全ての人が体感し、若い時でもいつまでも若々しくありたいと望み、興味のひかれる話題です。生化学教室で、老化とは身体に何がどのように影響を及ぼしている状態か、老化のスピードを抑えるあるいは予防するために何が効果的であるのかなど、老化について様々な事を化学的、薬理学的観点で、学んでいきたいです。(A.I. 5年生)

老化は私達に必ず訪れるものですがどのように老いるかは人それぞれです。老化はどのような仕組みで起きるのか、防ぐことはできるのかと興味を持ち生化学教室を選択しました。教室は自由で穏やかな雰囲気です。これから研究が始まるので今後に生かせるよう頑張ります。(K.K. 5年生)

老化は私たちが生きていく上で必ず関わってくる過程です。その老化に食事などが影響していると聞き、興味を持ちました。日本は高齢化が進んでおり、老化について学ぶことは、将来薬剤師として働いていく上でも役立つと思いました。まだわからないことばかりですが、研究を通して多くのことを学べるように頑張りたいです。(A.S. 5年生)

将来医療現場で働く中で接する相手として高齢者が必然的に多くなることから、なぜ人は老化し病気にかかり易くなるのだろうかと興味を持ちました。内容は複雑ですが、それ以上に自分の知識を深められることが楽しみです。多くのことを吸収できるよう努力したいと思います。(Y.S. 5年生)

研究テーマである「老化」はさけることのできない人間の定めであって、今も私たちは老化しています。そんな身近な事を研究できることを嬉しく思います。また、これからの研究を生かし、高齢社会が進む時代に対応して行ける薬剤師になれるように頑張っていきたいです。(K.S. 5年生)

老化はわたしたちが生きていく上で避けられないことです。今まで老化について意識したことはありませんが、セミナーに参加して先生に詳しく説明してもらうことでとても興味が湧きました。研究室は和やかな雰囲気で過ごしやすく、これから研究していくのがたのしみです。(S.F. 5年生)

お問い合わせ先

東邦大学 薬学部

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1217
【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1226
【学部長室】
TEL:047-472-1205