薬学部

メニュー

微生物学教室

所属教員

スタッフ名 主な担当
安齊洋次郎/教授 微生物学、病原微生物学、化学療法学、微生物学実習
福本 敦/講師 コンピュータ入門、微生物学実習
飯坂 洋平/助教 微生物学実習

医薬品のもとになる放線菌を研究する

放射菌

感染症などの治療に使われている抗生物質も微生物が生産しています。研究室では、抗生物質など医薬品の原料となる有用物質を生産する微生物を中心に研究しています。放線菌を用いた新しい生物活性物質の探索や生産菌の育種、緑膿菌などの病原細菌の抗菌薬耐性、土壌細菌による金属の蓄積など、さまざまな研究をしています。

教員からのメッセージ

安齊洋次郎 教授
微生物学教室では主として放線菌と呼ばれる細菌を対象とした研究を行っています。放線菌は土壌中に多数存在する細菌の一種で、カビに似た形態をもち、様々な抗生物質、抗ガン剤、免疫抑制剤などの生物活性物質を生産する菌種が多数含まれ、医薬品原料の供給源として魅力的な細菌です。放線菌を対象にした研究では、土壌などの環境中から分離した放線菌が産生する有用生物活性物質の探索、また、マクロライド系抗生物質の生合成に関わる遺伝子の改変により新たな骨格を持ったマクロライド抗生物質生産菌の育種を行っています。有用生物活性物質探索では、病原微生物の病原性や抗菌薬耐性に関与するクォーラムセンシングを阻害する新たな物質の発見が感染症の治療に利用出来るのではないかと考えています。マクロライド系抗生物質については、より抗菌力の強い、副作用の少ない構造を持つものをつくりたいと考え研究を進めています。
また、土壌細菌は様々な金属を蓄積します。放射性物質137セシウムの環境中での循環における放線菌の関与について研究しています。セシウムはカリウムチャンネルを介して取り込まれ、細胞内のポリリン酸に捉えられ、その毒性が減少するという結果が得られています。この放線菌が持つ能力を環境浄化に用いることが出来ればと考え研究を進めています。

学生から見た研究室

微生物学教室では、有用な二次代謝産物を産生する放線菌の形態の研究に加えて、ある特定の抗生物質を作り出す放線菌の遺伝子解析、遺伝子操作を利用した新しい代謝産物の産生に関する研究などを行っています。
微生物は人間と違い、長時間放っておくとへそを曲げてしまい実験が上手くいかなくなってしまいます。そのため基本的に研究は月曜から土曜の週6日行っています。 このスケジュールは他の研究室と比較した場合、多少なりとも忙しいかもしれませんが、それによって受けることの出来るメリットもあります。
それは研究室のメンバー同士の結束が固くなるということです。
毎日供に研究を行い、休憩時間には談笑をし、忙しいスケジュールを供にこなしていけば、仲良くなるのは自明の理です。
そのため、微生物学教室のお茶室からはいつも笑い声があふれています。
今年は研究の合間を縫って、お茶室でホットケーキを焼いたり、ディズニーランドに遊びに行ったりもしました。
いつもはしっかり者で聡明な院生の先輩方も、遊ぶときは学年の差など関係なく一緒に楽しんでいます。
薬の素を作り出すという遣り甲斐のある研究を行う一方で、大切な仲間達と出会い供に楽しんでいくことのできる研究室です。
お問い合わせ先

東邦大学 薬学部

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1217
【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1226
【学部長室】
TEL:047-472-1205