大学院

メニュー

博士課程

医薬品評価学

宮内 正二 教授

・トランスポーターの輸送分子機構の解明と創薬への応用
・薬物代謝の変動と体内動態に及ぼす影響の解明
・メカニズムベイスト薬物体内動態予測

大林 雅彦 教授

・医薬品の適正使用に関する調査・研究
・薬物治療モニタリングと薬効評価に関する研究
・医療薬学教育に関する調査・研究

石井 敏浩 教授

・医薬品の安全性に関する調査・研究
・医薬品安全管理に関する調査・研究
・安定同位体標識化合物の臨床応用に関する研究

吉尾  隆 教授

・統合失調症患者に対する薬物療法の薬剤疫学的研究
・精神疾患に対する薬物療法の適正化に関する研究
・精神症状評価尺度の有用性に関する研究

野口 修治 教授

・新規機能性製剤の開発
・放射光X線を利用した製剤の構造物性評価法に関する研究
・液晶脂質ナノ粒子を利用した新規薬物担体に関する研究

薬物治療学

田中  光 教授

・心筋の興奮収縮機構と薬理学的特性
・細胞内事象の蛍光イメージングによる病態解析
・循環器疾患に対する新規治療薬、薬物治療法の開発
・病態モデル心筋を用いた循環系作用薬の薬効・安全性評価

田中 芳夫 教授

・薬物受容体機構の解明
・平滑筋の収縮弛緩機構に関わる分子機序の解明
・自律神経系の薬理研究
・平滑筋関連疾患の機序解明と新しい治療薬の開発を指向した探索研究

高原  章 教授

・高血圧に対する薬物及び非薬物療法に関する研究
・高血圧合併症の発症予防に関する研究
・不整脈の薬物治療標的に関する研究
・心臓機能毒性の評価システムに関する研究

加藤 裕芳 教授

・抗がん剤暴露に関する研究
・新規がん免疫療法薬の有効性・安全性評価に関する研究
・新規分子標的治療薬の有効性・安全性評価に関する研究

分子病態解析学

福島  健 教授

・統合失調症病態時における生体分子の分析科学的研究
・脳内神経伝達分子の新規高感度定量法の開発
・中枢性疾患患者試料を用いる病態マーカーの探索
・高性能LC-MSによる薬物及び代謝物定量の迅速化に関する研究

髙橋 良哉 教授

・老化促進モデルマウス(SAM)の促進老化分子機構の解明
・老化・老化関連疾患発症の制御:中高齢期からのアプローチ
・若齢期環境の老化・寿命に与える影響
・脂質代謝異常と遺伝子多型に関する研究
・加齢に伴う遺伝子発現の性差・個体差・種差:ヒトへの外挿に関する研究

長濱 辰文 教授

・食物嗜好性形成とその病態変化の中枢メカニズムの解明
・老化による摂食障害の発現機構の解明と治療法の開発
・病態関連の神経科学研究用ツールの開発

山本 千夏 教授

・血管構成細胞を用いたバイオオルガノメタリクス研究
・動脈硬化病変の分子基盤としてのプロテオグリカンの合成の調節に関する研究
・重金属の血管毒性を担う分子標的の解明

多田 周右 教授

・ゲノム安定性を維持するための細胞内の各種機能
・細胞周期の秩序と信頼性を監視、制御する機構
・抗がん剤による抗腫瘍免疫応答活性化に関する研究
・高血糖による免疫応答異常の研究
・NK細胞による糖鎖介在性細胞障害の分子機構
・肝がんの治療戦略における分子標的治療薬の新たな作用メカニズムの解析

根本 清光 教授

・細胞ストレス応答の分子メカニズムを基盤とした疾病予防・治療の生体内標的タンパク質の探索
・細胞ストレス調節作用を有した化学物質(植物成分など)の探索とそれらを用いた疾病の予防・治療法の確立
・受容体型転写因子の機能制御機構と疾患との関わりに関する研究
・医薬品・食品成分・環境化学物質の安全性評価法の開発

医薬品分子設計学

小池 一男 教授

・生活習慣病治療薬創製を指向したシーズ探索
・天然有機化合物の構造解析と生物活性評価
・漢方の臨床における古典的意義の解明とその現代科学的解釈
・精油・薬用植物が示す精神・神経作用とその機序の解明

加藤 恵介 教授

・配位子の特性を活かした新規金属触媒反応および新規不斉触媒反応の開発
・新規生理活性物質の探索
・金属触媒と生体触媒を利用した天然物の合成

東屋 功 教授

・弱い分子間相互作用の制御に基づく精密分子認識に関する研究
・生体を模倣した高次機能をもつ分子集合体の設計と合成に関する研究

安齊 洋次郎 教授

・放線菌が生産する抗生物質の生合成機構の解明
・放線菌を宿主とした有用ハイブリット抗生物質生産法の開発
・感染症治療に有用な新規生物活性物質の探索・創製

伊関 峰生 教授

・光感受性タンパク質を利用した生体機能制御デバイスの開発
・微生物からの新規光感受性タンパク質の単離と構造-機能連関の解明